>  >  > 石原さとみ、後輩歌手への思い明かす

石原さとみ、事務所後輩アーティストへの思い明かす 「『顔を出した方がいい!』と思ってた」

関連タグ
西野カナ
高橋 優
B.A.P
SA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バカリズムとマギーが司会を務める音楽番組『バズリズム』(日本テレビ系)の10月21日放送回に、[Alexandros]、栞菜智世、西野カナ、高橋 優、B.A.P、SAらが出演した。

 音楽シーンに口コミ(バズ)で広がる、最新の音楽や話題の楽曲を発信していく同番組。番組放送と並行してTwitterと連動、出演者に関するツイートをまとめて表示し“今”バズっている音楽情報を閲覧できるほか、音楽ファンと親和性の高いSNSを情報源にしながら、さまざまな“バズミュージック”を紹介していく。

 番組冒頭では「[Alexandros]のことをもっと知りた~い」として、メンバー個々のアピールポイントを掘り下げるコーナーへ。川上洋平は「世界で一人だけにしかできない刻み方のボイパができる」とし、16ビートの細かいボイスパーカッションを披露。庄村聡泰が「これベースで作られた曲も多い」と補足し、バカリズムを驚かせた。続いて白井眞輝は「お菓子作りが趣味。アップルパイ、スイートポテトとか」とアピールし、スタジオに手作りのバナナケーキを持ち込んでMCの2人から大絶賛されると、庄村聡泰は「古着屋を開けるくらい服を持っているが、部屋着は風を感じていたいので、真冬でも窓を全開にして全裸」と告白した。

 続けて衣装のスタイリングを自分たちで行なう[Alexandros]ならではの提案として、川上が「バカリズムさんをコーディネートしたい」と述べ、衣装をスタジオに並べて実際に試着することに。鋲付きの革ジャンやヒョウ柄の腰巻きをしたバカリズムに対し、川上は「大物感が半端じゃない」と評価をし、新曲「Feel like」を披露した。

 その後は、「動画を送リズム」のコーナーに石原さとみが登場。自身の主演ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』の主題歌である栞菜智世の「Heaven’s Door ~陽のあたる場所~」について、「『ドラマの主題歌です』と聴かせていただいたときに、ピッタリだと思って感動しました」とコメント。続けて彼女が所属事務所の後輩であることを明かし「すごい大人! って思いました。顔がハッキリしていて、曲先行でビジュアルは隠すみたいなマネジメントだったらしいんですけど『顔を全面に出した方がいいですよ!』と思ってました」と明かし、栞菜智世は同曲を披露した。

      

「石原さとみ、事務所後輩アーティストへの思い明かす 「『顔を出した方がいい!』と思ってた」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版