>  >  > SECONDとJSBのパフォーマンスの違い

EXILE THE SECONDと三代目JSB、『ドリフェス』で見せたパフォーマンスの違い

関連タグ
EXILE TRIBE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年10月22・23・24日に開催され、大盛況のうちに幕を下ろした『テレビ朝日ドリームフェスティバル2016』。その最終日を飾ったのが、EXILE THE SECONDと三代目J Soul Brothersである。以前、EXILE THE SECONDと三代目J Soul Brothersのあり方やアピールポイントに言及したが、今回は『テレビ朝日ドリームフェスティバル2016』を実際に見て感じた、2組のパフォーマンスの違いについて考えてみたい。

EXILE THE SECOND

20161026-es4.jpg

 

 黒い衣装を身にまとって登場した6人は、最新シングル曲「WILD WILD WILD」を皮切りに力強いダンスを繰り広げていた。6人全員でダンスをする場面も多く、男らしいパフォーマンスが印象的であった。「One Time One Life」の間奏では、TETSUYA・AKIRA・橘ケンチ・黒木啓司の順でソロダンスも披露。TETSUYAはアクロバット、AKIRAは濃厚なダンス、橘ケンチはセクシーさ、黒木啓司はクールさと、力強さの中にも各々の個性がはっきり見て取れる。

20161026-es5.jpg

 

 もちろんボーカル陣も絶好調で、HIPHOPナンバー、ロックナンバーはもちろん「Missing You」や「Let it go」などのバラードやミディアムナンバーも見事に歌いこなしていた。NESMITHのハスキーな歌声とSHOKICHIの高音が耳に心地よい。ハモリも完璧である。EXILE THE SECONDのパフォーマンス力はかなり高い。一人ひとりが多くの経験を踏んでいるがゆえに、余裕と「自分たちも楽しんでやろう」という遊び心が見える。例えば、観客に向けて思いっきり手を振ったり、クラップをして煽ったり、かと思えば、メンバー同士顔を見合わせて笑いあったりしているのだ。そんな彼らを見ていると、自ずとボルテージが上がってしまう。EXILE THE SECONDは、ある意味強制的に観客を盛り上げるチカラに長けていると言えよう。玄人好みの曲とパフォーマンスをしながらも、どんな客層でも盛り上げてしまう彼らには、プロとしての高いスキルと意識を誰もが感じるはずだ。

20161029-es7.jpg

 

20161029-es6.jpg

 

      

「EXILE THE SECONDと三代目JSB、『ドリフェス』で見せたパフォーマンスの違い」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版