>  >  > 『エロフェス』最終日レポ

東京エロティカルパレード。主催『エロフェス』最終日レポ たくさんの“家族”と作った5DAYSに

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京エロティカルパレード。が主催するイベント『Erotical Fest. 5days vol.2』が9月28日から10月2日までの5日間、東京・渋谷 RUIDO K2にて開催された。同イベントは、2016年5月からスタートしているツアー『2016′ エロティカルファミリーTour』内の公演のひとつで、各日2、3バンドのゲストが出演。最終日となった10月2日には、スターゲイザーX、AURA、+Plusを迎え、ツアーファイナル公演である11月6日のワンマンライブへの流れを後押しするような、観客と出演者による一体感あるステージが繰り広げられた。

20161011-x.jpgスターゲイザーX

 オープニングアクトとして登場したスターゲイザーXは、光るサングラスを身に付け、観客に拍手を煽りながらド派手に登場。MCでハルカ(Vo)は「そこの柱のところにね、エロパレの女神が立ってるんですよ、ASUKAさん。僕たちは今日を盛り上げる為にやってきました」と宣言。サビの最後でジャンケンをする「グーチョキパー(God Check It Perfect)」や、メンバーが全力で踊りを披露する「今夜はペスカトーレ」といったナンバーで盛り上げ、チームワークの良さが目立つライブを披露した。

20161011-aura.jpgAURA

 2番目にスペシャルゲスト枠として登場したのはAURA。東京エロティカルパレード。のプロデュースを手掛ける元SHAZNA・IZAMを敬愛しているというボーカルのReds☆は「このイベントに呼ばれてとても光栄です。俺、IZAMくんに憧れて真似してバンドやったんだよ」とジョークを飛ばすと、出演前にステージ裏でIZAMにサインをもらったエピソードを披露し、場を盛り上げた。MC後に披露した楽曲「She’s gone」では、力強いドラムに鋭利なギターソロが鳴り響き、Reds☆の伸びやかな声に観客は耳を澄ましていた。後半は「愛・オーランド」「SMILE & SMILE」などの代表曲を披露、最後はデビュー曲である「ドリーミングナウ」で会場にシンガロングを巻き起こした。

20161011-plus.jpg+Plus

 続いてステージに現れたのは、2016年7月15日に活動を再開したばかりのバンド+Plus。登場して間もなく、陽気なサンバテイストの代表曲「Fiesta」で会場は一気に楽しげな雰囲気に。TOMO(MC&Vo)は「今日はバラードとかミディアムナンバー用意してないんです。みんなで汗かいていきましょう」とイベントを盛り上げる気満々の様子。曲によってTOMO、岩元健(Vo)、小谷嘉一(Vo&Ba)、MOTO(Vo&Gu)の4人がそれぞれにメインボーカルを務め、サビで4人の声が合わさった力強いハーモニーが印象的な+Plus。最後は新曲の「Believer」で4人が声を合わせ、常に笑顔が溢れたステージを後にした。

「東京エロティカルパレード。主催『エロフェス』最終日レポ たくさんの“家族”と作った5DAYSに」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版