>  >  > ストーンズ、11年ぶりのスタジオアルバム

ザ・ローリング・ストーンズ、11年ぶりのスタジオアルバム『ブルー&ロンサム』リリース決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ザ・ローリング・ストーンズが、12月2日に11年ぶりとなるスタジオ・アルバム『ブルー&ロンサム』をリリースすることを発表した。

 同作は、構想50年、制作日数3日。バンドのハート&ソウルでもあるブルースというルーツ、情熱に回帰したドン・ウォズ、グリマー・ツインズのプロデュース作品。パブやクラブで演奏していた若かりしストーンズがブルース・バンドとしてキャリアをスタートした、ロンドン西部のブリティッシュ・グローヴ・スタジオズにて、昨年12月に短い期間でレコーディングを行った。

 スタジオでは、重ね録りなしで生演奏が行われたという。バンドのミック・ジャガー(ヴォーカル&ハープ)、キース・リチャーズ(ギター)、チャーリー・ワッツ(ドラムス)、そしてロニー・ウッド(ギター)に長年ツアーでサイドメンを務めていたダリル・ジョーンズ(ベース)、チャック・リーヴェル(キーボード)、マット・クリフォード(キーボード)が加わり、さらに2曲には偶然にも隣のスタジオでアルバムをレコーディングしていた旧友のエリック・クラプトンが参加した。

 このアルバムでは、ジミー・リード、ウィリー・ディクソン、エディ・テイラー、リトル・ウォルター、ハウリン・ウルフの音楽を演奏し、ブルース・バンドだった若かりし時代へ敬意を表している。リリースは複数のフォーマットで開始され、世界各国で同時刻(日本時間22時)からプレオーダーを予定しており、日本盤も同時発売される。

ドン・ウォズ

このアルバムは彼らの純粋な音楽作りへの愛情の証でありそしてブルースはストーンズにとってやること全ての源になっている。

■リリース情報
THE ROLLING STONES『ブルー&ロンサム』
発売:12月2日(金)
価格:
CD(デジパック仕様)¥2,500+税
デラックス・エディション(1CD+アルバムのメイキングについての英文解説付 72ページ豪華ブックレット+バンド・ポストカード付)¥7,000+税
2枚組LP(輸入盤のみ)
デジタル・ダウンロード
<収録曲>
1.ジャスト・ユア・フール(オリジナル:1960年リトル・ウォルター)
2.コミット・ア・クライム(オリジナル:1966 年ハウリン・ウルフ<本名:チェスター・バーネット>)
3.ブルー・アンド・ロンサム(オリジナル:1959年リトル・ウォルター)
4.オール・オブ・ユア・ラヴ(オリジナル:1967年マジック・サム<本名:サミュエル・マゲット>)
5.アイ・ガッタ・ゴー (オリジナル:1955年リトル・ウォルター)
6.エヴリバディ・ノウズ・アバウト・マイ・グッド・シング*(オリジナル:1971年リトル・ジョニー・テイラー)
7.ライド・エム・オン・ダウン(オリジナル:1955年エディ・テイラー)
8.ヘイト・トゥ・シー・ユー・ゴー(オリジナル:1955年リトル・ウォルター)
9.フー・ドゥ-・ブルース**(オリジナル:1958年ライトニン・スリム)
10.リトル・レイン(オリジナル:1957年ジミー・リード)
11. ジャスト・ライク・アイ・トリート・ユー(オリジナル:1961年ハウリン・ウルフ)
12. アイ・キャント・クイット・ユー・ベイビー*(オリジナル:1956年オーティス・ラッシュ)

All tracks feature:
ミック・ジャガー:ヴォーカル&ハープ
キース・リチャーズ:ギター
チャーリー・ワッツ:ドラムス
ロニー・ウッド:ギター
ダリル・ジョーンズ:ベース
チャック・リーヴェル:キーボード
マット・クリフォード:キーボード

Guests:
エリック・クラプトン:ギター*(6、12)
ジム・ケルトナー:パーカッション**(9)

ユニバーサルミュージック ザ・ローリング・ストーンズ
UNIVERSAL MUSIC STORE
フェイスブック The Rolling Stones Japan
ツイッター Rolling Stones JAPAN

「ザ・ローリング・ストーンズ、11年ぶりのスタジオアルバム『ブルー&ロンサム』リリース決定」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版