>  >  > トラトリ、集大成&未来形を見せた一夜

『TRUSTRICK PREMIUM LIVE UNION 2016』ライブレポート

TRUSTRICKが見せたこれまでの歩みと未来 『UNION』ライブに感じたこと

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 まさに「ここまでの集大成」。その上で、今なお広がるこのユニットの可能性が、演奏の端々から伝わってくるようなライブだった。神田沙也加とBillyによるTRUSTRICKのライブ企画、『TRUSTRICK PREMIUM LIVE UNION 2016』の東京公演。通常のリリース・ライブとは異なり、今回は事前にリスナーによる楽曲のリクエスト投票が行なわれ、その結果が東京・大阪の2会場でのセットリストに反映されていく。まるでファン投票のベスト・アルバムをライブの現場で作り上げるような魅力を持った、貴重なライブだった。

20161003-tt3.JPG

 

 ライブ冒頭、中央のスクリーンにこれまでリリースしてきた楽曲が次々に映し出されると、メンバーが登場。いきなり「ATLAS」「beloved」「If -君が行くセカイ-」「FLYING FAFNIR」という人気投票の1~4位を占める人気曲が一気に披露され、早くもここがこの日のクライマックスかのような大歓声が会場を包む。実際、神田沙也加は4曲を終えた時点で冗談めかしてライブを終えようとしていたが、いやいや、この日の本番はこれからだ。以降はこの日の目玉となる、投票結果を反映した東京会場だけのセットリストでレア曲を連発。1曲の中で2人がステージを広く移動しながら、お互いの見せ場を譲り合ったり主張したりと、結成当初より格段に上手さを増したステージングでデビュー作『Eternity』収録の「TRICK or HOLIC」「kissing」「Jealousy Jelly」を披露していく。会場から歓声だけでなく、選曲に唸ったり驚いたりする声が上がるのもこの日ならでは。途中、客席からの提案でBillyがMCがてらギター・ソロを始める一幕も。以降もファンと一緒にライブの雰囲気を作り上げ、デビュー当時から現在までの様々な楽曲が披露されていく。

20161003-tt4.JPG

 

 そうして気付くのは、TRUSTRICKの楽曲の幅広さ。ギターを生かしたバンド・サウンドからニューウェイヴ風シンセポップ、感情的に歌い上げるバラードまでが揃う多彩な楽曲群は、同時に歌詞もパーソナルなものからアニメの世界観を反映したものまで実に様々。このユニットの肝が特定の形式ではなく、あくまで2人のケミストリーにあることが伝わってくる。その多様性を最も象徴していたのが、単独公演では初となるアコースティック・コーナーだ。ここではステージサポートの角本雄亮 (Drums)、山崎英明(Bass)、coba84(keyboards)を含む全員がぐっと中央に寄り添い、坂本真綾のカバー「雨が降る」や、2作目『TRUST』の「MIRRORS」「Escape」をしっとりと披露。その後通常のバンド編成に戻って演奏した「mint gum」「innocent promise」に移行してふたたびギャップを印象付けると、本編のラストはTRUSTRICKがライブでファンと育ててきた楽曲であり、CD音源化前にも関わらずファン投票の上位にランクインした「Proud」で締めくくった。

      

「TRUSTRICKが見せたこれまでの歩みと未来 『UNION』ライブに感じたこと」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版