>  >  > 宇多田、作詞法について明かす

宇多田ヒカル、作詞法について明かす「辛くなると分かっててやりに行くことに意味がある」

関連タグ
宇多田ヒカル
浜崎あゆみ
槇原敬之
SMAP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ミュージックステーション ウルトラFES 2016』(テレビ朝日系)の9月19日放送回に、宇多田ヒカル、 嵐、AKB48、乃木坂46、松本孝弘、THE YELLOW MONKEY、観月ありさ、福山雅治、浜崎あゆみ、など豪華アーティストが出演した。

 『ミュージックステーション』の30周年を記念した同番組。“名曲・ヒット曲”だけの10時間編成で、特別企画「日本に影響を与えた曲ベスト100」も発表した。

 番組前半には、槇原敬之が登場。SMAPに提供した「世界に一つだけの花」が300万枚を突破したことが紹介されると、槇原は「すごいですね!」と嬉しそうに答え、続けて制作した際のことについて聞かれると「あれは特別でしたんで。自分が一生懸命書くものとは違って、よく言うところの見せてもらったものをそのまま写したような。パッ!パッ!と見えたものを書けたんで、神様からこれはもらったんだなという感じでしたね。トータルで全部書くのに20分、30分で。あんなのはもうないですけどね」と制作秘話を明かすと、司会のタモリも「早いね!」と驚きを隠せない様子であった。槇原はその後「もう恋なんてしない」を披露した。

      

「宇多田ヒカル、作詞法について明かす「辛くなると分かっててやりに行くことに意味がある」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版