>  >  > 『くるりのこと』詳細発表

くるりの書籍『くるりのこと』、岸田&佐藤インタビューやファンファン、森信行らコメント掲載

関連タグ
くるり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 くるりの書籍『くるりのこと』が、9月16日に新潮社より発売される。

 今年9月にバンド結成20周年を迎えるくるり。同書籍は、岸田繁と佐藤征史が過去の苦悩や未来への展望を語った30時間以上にわたるロングインタビューや、ふたりをよく知るファンファン(現くるりメンバー)、森信行(元くるりメンバー)、高橋太郎(元担当ディレクター)といった関係者の証言などで構成されている。なお、インタビュー及び全体の論考・構成は『1998年の宇多田ヒカル』の著者、宇野維正が手がけている。

プロローグ

日本で最もCDが売れていた1998年にメジャー・デビューを果たし、そこから延々と右肩下がりとなっていった音楽業界に真っ向から逆らって20年近く荒波をくぐり抜けてきたくるりが、いつかまた必ずやって来るであろう《想像を超える日》(「HOW TO GO」)に 思いを馳せながら、次の一歩を踏みしめてみせた一冊だ。(宇野維正)

■書籍情報
くるり + 宇野維正『くるりのこと』
発売日:9月16日(金)
本体価格:1300円(税込 1404 円)
新潮社刊

「くるりの書籍『くるりのこと』、岸田&佐藤インタビューやファンファン、森信行らコメント掲載」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版