>  >  > 丸本莉子のフリーライブにかける思い

「東京は私を強くしてくれる場所」 丸本莉子が今夏都内で開催するフリーライブに賭ける理由 

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 丸本莉子が、6月30日のTOWERmini汐留店を皮切りに『丸本莉子フリーライブ2016』をスタートする。

 2015年6月10日に1stハイレゾ配信シングル『ココロ予報』をリリースした丸本は、先日デビュー1周年を迎えた。デビュー曲「ココロ予報」では各メディアで“癒しの歌声”と取り上げられ、昨年末にはShibuya O-EASTにて東京での初ワンマンライブを開催。2016年3月には2ndミニアルバム『フシギな夢の中』をリリースした。今夏、彼女はなぜ新しい挑戦を行うのか。これまでの1年間を振り返りこう語った。

「たくさんのスタッフさんたちと協力し合いながらシングル4作品もリリースすることができ、ワンマンライブも東京、大阪、広島と開催をし、音楽と今まで以上に向き合った1年になりました。慣れない環境だったのもあり、あっという間に過ぎた1年だったので今年はさらにじっくり音楽と向き合っていきたいと思います」

 先述したShibuya O-EASTでのワンマンライブは彼女にとってもターニングポイントのライブだ。本編ラストにはデビュー曲「ココロ予報」も披露していた。当日の公演を彼女はこう語る。

「本当にめちゃくちゃ楽しかったです。これはご褒美なのかな? って思うくらい……(笑)。でも今年はさらにおもしろいライブをします。『ココロ予報』は、私の原点の曲だと思っています。『かっこつけない』『飾らない』私の楽曲作りのテーマが生まれた曲です!」

 その経験を基に、今回開催するフリーライブツアーは丸本がアコースティックギターを携え、都内のビジネス街を中心に6月30日よりほぼ毎週どこかの路上、駅前、ストリートで人々に歌声を届けていく。フリーライブツアーの開催を発表した際の丸本のブログには、「はじまりはギターを片手に広島のアーケード街での路上ライブ」と明かしていた。

「高校生の私はやけに歌に自信があって(笑)、初めて路上ライブする時も不安より『みんな私の歌を聴いて!!』ってワクワクが大きかったです。そして最初にも関わらずたくさんの人が立ち止まってくれて、拍手してくれて……その時に人前で歌うってこんなに楽しいんだと実感しました。田んぼで歌ったり、雪が降っている中で淡路島のサービスエリアで歌ったり、閉店間際の小さなスーパーで歌ったり、本当にたくさんの場所で歌わせていただきました」

      

「「東京は私を強くしてくれる場所」 丸本莉子が今夏都内で開催するフリーライブに賭ける理由 」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版