>  >  > 金子ノブアキ、enraとの共演をレポート

『金子ノブアキ Tour 2016 “Fauve”』ファイナル公演レポート

金子ノブアキ、enraとの共演ライブで突き詰めた“表現の可能性”

関連タグ
金子ノブアキ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 金子ノブアキが6月16日、東京・EX THEATER ROPPONGIでライブツアー『金子ノブアキ Tour 2016 “Fauve”』の最終公演を行なった。

20160620-kaneko3.jpg

 

 金子が最新アルバム『Fauve』のリリースを記念して行なった同ツアー。この日の公演にはゲストとして世界的パフォーミングアーツ・カンパニーenraが参加。ギタリストにはPABLO(Pay money To my Pain)、マニュピレーター&シンセサイザーに草間敬、映像監督に清水康彦、照明を久保良明、音響をDUB MASTER Xが担当するなど、初のソロライブ時と同じ各分野のプロフェッショナルが集結し、視覚と聴覚の両方で観客を満足させていた。

20160620-kaneko4.jpg

 

 ライブは、アルバム『Fauve』と同じく、静かで壮大な夜明けを感じさせる「awakening」と、白昼夢のような心地よさから、次第に熱を帯びていく「Take me home」でスタート。3曲目の「The Sun」でスピードを上げたと思いきや、「Signals」ではPABLOがアコースティックギターに持ち替えて爽やかな音色を響かせた。その後、「Tremors」「Garage affair」「Weather and Seasons」を演奏した金子は、MCで「僕はバンドカルチャーにずっと居て。RIZEとAA=とは別にこういうプロジェクトを始めたのは、バンドに居る時とは違うアートフォームの人たちと関わりを持って、可能性や表現を突き詰めていきたいから」とソロプロジェクトの意義についてコメント。続けて「彼らとコラボレーションするのは念願で、同じ板の上で共演できるのは本当に光栄です」と語り、スクリーンとともにenraを呼び込んだ。

 パフォーミングアーツ・カンパニーenraは、先鋭的な映像にあわせ、6人のパフォーマーが次々に新体操やバレエにマーシャルアーツ(武術)を融合させた動きや、ディアボロ(中国ゴマ)を使ったジャグリングを披露。「Primitive」「Torquestarter」「CloudCluster」と変わりゆく楽曲に合わせ、時にしなやかに、時に力強く表現し、観客の目を釘付けにした。

20160620-kaneko5.jpg

 

 そして、enraの「CloudCluster」と金子の楽曲である「Firebird」では、両者のコラボレーションが実現。楽曲のテーマでもある“火の鳥”をモチーフにした映像とパフォーミングアーツが、金子とPABLO、草間の鳴らすアンサンブルと交わり、楽曲の世界観をより際立てていた。同曲を終えた金子は「最高の気分だ」とenraを称賛し、サポートメンバーを紹介。映像監督の清水や照明の久保、音響のDUB MASTER Xらの名前も観客にしっかりと伝えるなど、最大限にクリエイターへの敬意を表するところが金子らしい。

20160620-kaneko8.jpg

 

 ライブ後半は、楽曲のイメージとリンクした清川あさみの絵本「狼王ロボ」の映像を背景に、「blanca」「Lobo」を演奏。そこから力強いドラミングと、PABLO・草間のコーラスで大きなスケール感を演出した「Sad Horses」、メロウな音色とコーラスで会場をクールダウンさせた「to create」と「see you there」を経て、本編最後の「Historia」へ。リズミカルな演奏から徐々にスロウになり、ラストはダブ処理の施されたパワフルなドラムと眩しいハイライトが会場を包み込んだ。

20160620-kaneko6.jpg

 

 アンコールでは、PABLOのアコースティックギターが印象的な「Girl(Have we met??)」から、クールダウンする「[fin]」へと続き、金子・PABLO・草間の分厚いコーラスとミニマルなビートが響き渡る「オルカ」へ。「オルカ」の終盤では、金子が目いっぱいにドラムを打ち鳴らし、最後はスティックを放って仁王立ちに。この美しい絵面と演奏に観客は一斉にスタンディングオベーションで応え、エンドロールで再び各クリエイターの名前が流れるなか、ライブは終了した。

 金子ノブアキという一人の強靭なアーティスト・パフォーマーを通じて、様々なクリエイターが舞台の上で表現を繰り広げた今回のツアーファイナル。今後はどのような表現技法で彼の楽曲が音源化され、舞台に上がることになるのだろうか。

20160620-kaneko7.jpg

 

(取材・文=中村拓海/撮影=廣瀬順二)

■セットリスト
・金子ノブアキ
01.awakening
02.Take me home
03.The Sun
04.Signals
05.Tremors
06.Garage affair
07.Weather and Seasons

・enra
01.Primitive
02.Torquestarter
03.Cloud Cluster

・金子ノブアキ
08.Firebird
09.blanca
10.Lobo
11.Sad Horses
12.to create
13.see you there
14.Historia
En1.Girl(Have we met??)
En2.[fin]
En3.オルカ

テレ朝チャンネル1(CS放送)「EXシアターTV Live」にてライブの模様が放送決定!
2016年8月20日(土)よる11時~深夜12時(初回)
2016年8月27日(土)よる11時~深夜12時(リピート)

「金子ノブアキ、enraとの共演ライブで突き詰めた“表現の可能性”」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版