>  >  > 乃木坂生田に、タモリが羨望の目

乃木坂46 生田絵梨花に、タモリが羨望のまなざし「『フランスで生まれた』とか言いたかった」

関連タグ
コブクロ
斉藤和義
乃木坂46
V6
Flower
JPOP
アイドル
シンガーソングライター
ミュージックステーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の6月10日放送回に、大原櫻子、コブクロ、斉藤和義、乃木坂46、V6、Flowerが出演した。

 1番手の大原櫻子は「曲中に大好きというフレーズが7回出てくるんですけど、<ほんとに大好き>という部分に注目してください」と語り、新曲「大好き」を熱唱。2番手のFlowerは、新曲「やさしさで溢れるように」が三代目 J Soul Brothers・岩田剛典が主演を務める映画『植物図鑑』の主題歌であることにちなみ、各メンバーが劇中の岩田の胸キュンセリフをピックアップし、1位のセリフを紹介した後に同曲をパフォーマンスした。

 3番手である乃木坂46の登場時には、生田絵梨花の写真集『転調』が上半期(集計期間:2015年11月23日~2016年5月22日)で6.9万部を売り上げ、『オリコン2016年上半期“本”ランキング』の「写真集部門」で1位を獲得したことが紹介され、生田は「びっくりしましたね。たくさんの方に見ていただけて光栄です」とコメント。タモリから「なんでドイツで撮影したの?」と質問され、生田が「生まれ故郷がドイツなので」と回答すると、タモリは「いいなー! 俺も『フランスで生まれた』とか言いたかった」また、この日披露する新曲「きっかけ」について、生田は「乃木坂はピアノの曲が多いんですけど、(グループの曲を)弾くのは今年初めてで。緊張して胃がひっくり返りそう」とコメントし、同曲を披露した。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版