>  >  > 日食なつこ、新曲MV公開

日食なつこ、新曲「あのデパート」MV公開 「残したかったマルカンの景色を全て映しました」

関連タグ
日食なつこ
JPOP
MV
シンガーソングライター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日食なつこが、新曲「あのデパート」のMVを公開した。

日食なつこ「あのデパート」

 同楽曲は、日食なつこの地元・岩手花巻市にあるマルカン百貨店をテーマにした楽曲。花巻市で43年間愛されてきたマルカン百貨店が老朽化などの理由で今年6月7日に閉店することになり、自分に何か出来ないかというところから制作が始まったという。

 また、同MVは、日食なつこの希望でマルカン百貨店で撮影を行い、本人が絵コンテまで描いて具現化した内容となっている。MV内では館内の風景が映し出され、一つ一つに想いを馳せるような映像に仕上がった。

日食なつこコメント

今年の3月にマルカン百貨店閉館のニュースを知った瞬間、このMV製作案が私の頭の中にものすごいスピードで流れ込んできました。花巻の誰もが必ず訪れる、私たちの馴染み深い場所が無くなるという衝撃。そんなシンボルがある故郷花巻やマルカンの存在の再認識、そこを今離れて暮らしてしまっている自分への悔しさ。色々な感情がいっしょくたになって「マルカンが存在した証明を何か形に残さねば」というひとつの思いへ集約していったのだと思います。

きっと花巻市民なら誰でも、マルカンを残したい、残せないなら何か行動を起こしたいとこの数ヶ月で考えたのではと思います。地元高校生の署名活動等様々なアクションがあったとも聞き知りました。その思いを実現できる場所に、私は多分普通よりもほんの少しだけ近い場所にいます。ならば私が何かを成さねばという、それはもうほとんど使命感でした。

その頃たまたまデモ収録していた未発表曲の歌詞をマルカンに寄せた内容に書き直し、新曲「あのデパート」を完成させました。映像に関しても多少不馴れだろうが自分で指揮を取りたいと思い、絵コンテを描いて構成を練りました。

これだけの意欲を一心に傾けられる存在が地元にあったことに、製作しながら改めて感謝の意を覚えました。まだまだマルカン百貨店について語りたいことはたくさんありますが、それを全て集約したのが今回の「あのデパート」MVです。私が残したかったマルカンの景色を全て映しました。どうかご覧ください。

最後になりましたが、急なお願いにもかかわらず撮影に快くご協力くださったマルカン百貨店さまに心から感謝いたします。数えきれない思い出があるマルカンでMVを撮影できてとても光栄です。43年間、永きにわたり営業してくださり本当にありがとうございました。

20160606_nissyoku.jpg

■ライブ情報
6月19日(日)岩手 カレッジオブロック
7月16日(土)北海道 JOIN ALIVE
7月29日(金)東京 代官山LOOP
8月23日(火)東京 赤坂 GRAFFITI
9月17日(土)~19(日)東京 TOKYO CALLING 2016

■リリース情報
1st フルアルバム
『逆光で見えない』
2015年12月9日発売
価格:¥2,500(税別)

<収録曲>
1. ( )
2. ヘールボップ
3. ヒーロー失踪
4. 水流のロック
5. 跳躍
6. 11年
7. ハイウェイは気にも留めない
8. floating journey
9. 非売品少女
10. 黒い天球儀 (Piano×Drums ver.)
11. ヒューマン (Sing alone)
12. あしたあさって
13. Fly-by (Piano×Drums ver.)
14. 10円ガム

■関連リンク
日食なつこオフィシャルHP
Twitter
マルカン百貨店HP

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版