>  >  > ALFEE高見沢、“ヘリにブチ切れ”の過去明かす

THE ALFEE 高見沢俊彦、ヘリにブチ切れライブ中断の過去明かす「相当うるさかったよ、あれ」

関連タグ
THE ALFEE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バカリズムとマギーが司会を務める音楽番組『バズリズム』(日本テレビ系)の6月4日放送回に、THE ALFEE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、ポルノグラフィティ、ペンタゴンらが出演した。

 音楽シーンに口コミ(バズ)で広がる、最新の音楽や話題の楽曲を発信していく同番組。番組放送と並行してTwitterと連動、出演者に関するツイートをまとめて表示し“今”バズっている音楽情報を閲覧できるほか、音楽ファンと親和性の高いSNSを情報源にしながら、さまざまな“バズミュージック”を紹介していく。

 番組冒頭ではTHE ALFEEがトークコーナー「直接聞きたいTHE ALFEE伝説 ウソ? ホント? 検証」に登場。まず「ライブの『○○Days』という呼び方の名付け親」という噂について、高見沢俊彦が「本当ですね。1985年の横浜スタジアム公演を3日連続でやったときが最初です」と語り、バカリズムとマギーを驚かせた。

  続けて「加山雄三のせいで一度解散した」という噂については、高見沢が「加山雄三さんのお父さん(上原謙)の名前が思い出せなくて桜井(賢)と喧嘩になり、最終的に胸ぐらを掴みながら音楽について文句の言い合いになっただけ」と、解散にまでは至っていないと否定。桜井は「そのとき、坂崎(幸之助)は真ん中でギターを弾いてた」と、坂崎のマイペースさについて語った。

      

「THE ALFEE 高見沢俊彦、ヘリにブチ切れライブ中断の過去明かす「相当うるさかったよ、あれ」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版