>  >  > 指原莉乃、平井堅の“恋愛術”を異論

指原莉乃、平井堅の“恋愛術”に異論「『キスしていい?』という確認はみんな嫌だと思う」

関連タグ
AKB48
きゃりーぱみゅぱみゅ
堂本剛
平井堅
ポルノグラフィティ
森山直太朗
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の5月27日放送回に、AKB48、きゃりーぱみゅぱみゅ、堂本剛、西内まりや、平井堅、ポルノグラフィティ、モーニング娘。’16、森山直太朗が出演した。

 1番手のきゃりーぱみゅぱみゅは「今日は5周年を記念して、200人の私のお面をつけてくださっている人の前で歌います」と語り、「ファッションモンスター」や「にんじゃりばんばん」「5iVE YEARS MONSTER」など、中田ヤスタカによるヒット曲のサビをミックスしたメドレーを披露した。2番手のモーニング娘。’16は、卒業を控える鈴木香音にとって最後のMステ出演。鈴木は卒業について「5年半やってきたんですけど、福祉の世界で働きたいという夢を叶えるために3、4年かけて勉強しようと思います」と語ると、指原莉乃は「17歳で決断するのはすごいですね。私、23歳なのに何も決めずにやってて。でもこれ、タモリさんに『夢は持つな』って言われたからですよ」と続き、タモリは「そうそう、夢と友達はいらないんだよ」吐き捨てスタジオの笑いを誘う一幕も。その後、モーニング娘。’16は最新曲「泡沫サタデーナイト!」を歌い上げた。

 活動小休止明けの出演となった森山直太朗は、休止中に音楽制作をするために購入した山小屋での生活について「ものすごい静かで、夜になると怖いんですよね」と紹介し、新曲「嗚呼」を熱唱。続く西内まりやは“キス”をテーマにした新曲について「自分で作っていて恥ずかしすぎる。あと、今日は曲終わりにキス顔をするんですけど、その正面には平井さんがいて……」と照れながら説明すると、一緒に登場した平井堅は「ありがたい限りです」と恐縮しきった顔で感謝を述べた。

 また、平井は新曲「Plus One」について「サビで使っている<Can I be your plus one?>というフレーズは<君の特別になってもいいかな?>という意味で。女性って『~してもいいかな?』みたいにお伺いを立てられるのが好きな動物な気がしている」と持論を述べると、指原は「わかります。でも『キスしていい?』という確認はみんな嫌だと思う」とコメントした。これに平井が「言われたことあるの?」と反応すると、指原は必死に否定。このやり取りで笑いが起こったあと、西内と平井は向かい合わせでそれぞれ新曲を披露した。

      

「指原莉乃、平井堅の“恋愛術”に異論「『キスしていい?』という確認はみんな嫌だと思う」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版