>  >  > くるり岸田、交響楽団に楽曲提供

くるり 岸田繁、「京都市交響楽団」へ交響曲を書き下ろし 12月に京都で初演

関連タグ
くるり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 くるりの岸田繁が、「京都市交響楽団」へ交響曲を書き下ろすことを発表した。

 「京都市交響楽団」は、今年60周年を迎え、2015年に「第27回ミュージック・ペンクラブ賞」、「第46回サントリー音楽賞」を常任指揮者の広上淳一とともに受賞したオーケストラ。岸田は「京都市交響楽団」より依頼をうけ、『京響プレミアム』という同楽団が他ジャンルの音楽家等と向き合い、オーケストラの新しい可能性を提供する企画にて、30分を越える交響曲を書き下ろす。

 また、12月4日にロームシアター京都メインホールにて『京響プレミアム -岸田繁「交響曲第一番」初演 京都公演-』を開催することもあわせて発表した。本日5月16日よりくるりファンクラブにてチケットの先行予約をスタートほか、5月16日大阪オリックスホールで開催の『NOW AND THEN vol.3』、5月17の京都ロームシアター公演でも来場者先行受付を実施する。

20160516-kyoukei.jpg京都市交響楽団

■ライブ情報
京響プレミアム -岸田繁「交響曲第一番」初演 京都公演-
日程:12月4日(日)開演16:00
場所:ロームシアター京都メインホール
出演:岸田繁/広上淳一/京都市交響楽団
料金:¥6,500(税込)※未就学児入場不可
主催:公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団
くるりファンクラブ先行&来場者先行受付期間:5月16日(月)18:30〜5月28日(土)23:59

岸田繁

昨年3月より、いくつかの交響的作品の作曲に取り組んでおります。まだ作業半ばではありますが、今年9月の完成に向けて試行錯誤を繰り返しながら、音を紡いでいます。

およそ1年半ほど前に、京都市交響楽団のマネージャー柴田氏から、同交響楽団のコンサートのためのオーケストラ作品を書き下ろしてほしい、というご提案をいただきました。

幼少の頃から親しんだオーケストラのために作品を書くなんて、夢のような話ですが、子供の頃の自分に教えてあげたいです。本格的なオーケストラ作品を書く、ということは、昔からの夢のひとつでありました。

ジャンルの垣根を超える、という言葉はある種使い古された表現になりつつありますが、私が大好きなベートーヴェンやバルトーク、ショスタコーヴィチなどの作品を聴いていると、あらゆる音楽的なトライアルを通して、ジャンルの垣根を超えながら新しいものを作ってきたのだなぁと感銘を受けました。

強い意思とアイデア、「当たり前でないもの」を追求することで、美しい音楽に昇華すべく、あくまでも大好きな「交響的作品」であることをコンセプトに、多くの皆様に感動を与える作品に仕上げようと思っております。乞うご期待ください。

京都市交響楽団 チーフマネージャー 柴田 智靖氏

岸田さんとお話をした至福の時、岸田さんが熱く語ってくださったのは、今「くるり」というバンドが作り出す音楽の話ではなく「クラシック音楽」「オーケストラ音楽」への「想い」と「未来」でした。

京都市交響楽団は創立60周年を迎えます。また、京都で誕生し今や日本を代表するバンドの一つとなり、京都の音楽プライドにまでなったロックバンド「くるり」が奇しくも鮮烈デビューから20年を迎える記念すべき節目の年に両者がタッグを組み、アーティスト「岸田繁」の「もう一つの扉」を開けたいと願いました。それは、既存の楽曲をオーケストラアレンジするのではなく、作曲家として30分を越えるような大曲を作曲してもらいたいと。

京都生まれの岸田さんが初めて書き下ろした交響曲を、幼少の頃から慣れ親しんでいた「京都市交響楽団」が披露することは必然であり、これが叶えばこの「京都生まれの音楽」は世界に誇れるブランドとなる。岸田さんの音楽に対する情熱と緻密さは必ずやこの壮大なミッションをクリアいただけるエネルギーがあると感じておりました。

そして、このミッションには「クラシック・オーケストラ音楽の未来」への扉を開けるもう一つの使命を持ち合わせています。その扉をノックできるのは他ならぬ作曲家「岸田繁」なのだと確信しています。これが「クラシック・ライブ」の第一章の開演と信じて。

■リリース情報
『琥珀色の街、上海蟹の朝』EP
発売:2016年7月6日(水)
初回盤(CD+Bonus CD):¥2,000+税
通常盤(CD):¥1200+税
<収録曲>
1.琥珀色の街、上海蟹の朝
2.Hello Radio (QURULI ver.) ※Japan Fm League×TSUTAYA ACCESS!キャンペーンソング
3.かんがえがあるカンガルー ※NHKみんなのうた(2016年2月・3月)
4.Radio Wave Rock ※NHK FM「くるり電波」2016テーマソング
5.Chamber Music from Desert ※NHK FM「くるり電波」2015テーマソング
6.BluebirdⅡ(ふたりのゆくえ) ※土岐麻子へ提供曲「ふたりのゆくえ」セルフカバー

『NOW AND THEN DISC Vol.2』 ※初回限定盤のみ付属
1.TEAM ROCK
2.ワンダーフォーゲル
3.愛なき世界
4.GO BACK TO CHINA
5.トレイン・ロック・フェスティバル
6.THANK YOU MY GIRLS
7.男の子と女の子
8.水中モーター
9.WORLD’S END SUPERNOVA
10.C’mon C’mon
11.永遠
12.ばらの花
13.リバー
14.カレーの歌
15.ブレーメン

■ライブ情報
『京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園』
公演:2016年9月18日(日)
場所:京都・梅小路公園 芝生広場

くるり 20th ANNIVERSARY『NOW AND THEN vol.3』
5月16日(月)OPEN18:30/START19:00 大阪府・オリックス劇場
5月17日(火)OPEN18:15/START19:00 京都府・ロームシアター京都
5月25日(水)OPEN18:15/START18:45 愛知県・名古屋市公会堂
5月27日(金)OPEN18:30/START19:00 宮城県・電力ホール
5月30日(月)OPEN18:45/START19:15 神奈川県・神奈川県民ホール
5月31日(火)OPEN18:30/START19:00 神奈川県・神奈川県民ホール
(終了分は割愛)

WEB SITE
FANCLUB

「くるり 岸田繁、「京都市交響楽団」へ交響曲を書き下ろし 12月に京都で初演」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版