>  >  > マット・キャブ、ユニバーサル移籍へ

マット・キャブ、ユニバーサル ミュージック移籍 JPOPカバーアルバム『ONGAKU2』発売決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マット・キャブがユニバーサル ミュージックに移籍し、ニューアルバム『ONGAKU2』を7月27日にリリースすることが決定した。

 彼は、YouTubeの総再生回数2,000万回を誇るサンフランシスコ生まれ日本在住のR&Bシンガー。今回の移籍についてマットは、「自分のキャリアにおいて新しいチャプターをユニバーサル ミュージックと一緒に始められることにエキサイトしています。いろいろな音楽に触発されてたくさんの新たな音楽制作に取り組んでいます。はやくファンのみんなに聴いてもらうのが楽しみです」とコメントしている。

 移籍後初となる同アルバムは、福山雅治の「家族になろうよ」やBIGBANGの初オフィシャルカバー「BAD BOY」などが収録された、2013年リリースのカバーアルバム『ONGAKU』の続編。同作には、auのCMでもおなじみ浦島太郎(桐谷健太)「海の声」の他、絢香「にじいろ」、chay「あなたに恋をしてみました」、Crystal Kay「何度でも」、秦基博「ひまわりの約束」などの英語カバーの収録が決定している。

■リリース情報
『ONGAKU2』
発売日:7月27日(水)
価格:¥2,200(+税)
全12曲収録予定

Matt Cab オフィシャルサイト
Matt Cab YouTubeチャンネル

「マット・キャブ、ユニバーサル ミュージック移籍 JPOPカバーアルバム『ONGAKU2』発売決定」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版