>  > JUMP・山田、“三茶女子”の魅力を熱弁

Hey! Say! JUMP山田涼介、TOKIOに“三茶女子”の魅力を熱弁 「派手じゃないんだけどオシャレで……」

関連タグ
TOKIO
JPOP
TOKIOカケル
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
realsound_jump9th.jpg

(C)タナカケンイチ

 Hey! Say! JUMPの山田涼介が、4月6日にフジテレビ系列『TOKIOカケル』に出演。同番組は、TOKIOメンバーとゲストが、駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームなどを展開するバラエティー番組で、今放送では「スーパーアイドル山田涼介の素顔を暴いちゃうぞSP」がオンエアされた。

 番組序盤、国分太一に「どう、僕らと距離縮まった?」と尋ねられた山田は「いい意味で緊張感は取れてきたと思います」と回答。続けて国分から「今も緊張する先輩って誰?」という質問が寄せられ、山田は「松本(嵐・松本潤)くん。ステージの話とかすることが多いんですけど、ドキドキしちゃいます」と照れくさそうに明かし、国分から「何で(ステージ)セットの話とか俺らとしないの?いつでも相談のるよ?」とプレッシャーを掛けられていた。

 また、番組では以前に山田が出演した際、「家を買いたい!」と言っていたことを踏まえ、物件紹介企画を実施。家賃65万円の高額物件を紹介し、山田がこれを拒否すると、TOKIOのメンバーは現在の山田と同じ22歳だった頃の自宅エピソードを語りはじめた。松岡昌宏は「1DK」、山口達也は「先輩ジャニーズの家」と話すなか、城島茂は「事務所の衣装部屋」と告白し、スタジオに笑いが起こった。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版