>  > 島崎遥香、NMB48メンバーのダンスを賞賛

AKB48島崎遥香、NMB48メンバーのダンスを絶賛 「女の子を武器にしている」

関連タグ
AKB48
AKBINGO!
JPOP
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『AKBINGO!』の3月2日放送分にて、AKB48グループのメンバーによる「AKBIGO! CUP ダンスロワイヤル 後半戦」が行なわれた。

 同企画は、AKB48グループからダンスに高いポテンシャルと情熱を持っているメンバーが集まり、1番ダンスが上手い人物を決めるというもの。審査員にはストリートダンス世界大会での優勝経験を持つFISHBOY、ダンサー・振付師のエグスプロージョン、パパイヤ鈴木が登場した。

 1組目には藤田奈那(AKB48)、本間日陽(NGT48)とバレエの得意な2人が登場。本間はロシアのバレエ団の公演に出演していた経歴を持つという。2人はオリジナルバレエ・ダンスを披露し、藤田は180度開脚、本間はイタリアンフェッテをパフォーマンスした。2人の演技に対して小嶋真子(AKB48)は「バレエを間近で見たのが初めてだったので、体の柔らかさにビックリしました」とコメントを寄せ、審査員のFISHBOYは「とても美しかったです。魅せられました。ですが、緊張感が伝わっちゃいましたね。伸びるところが固くなっていた」と厳しく評価した。

 2組目にはダンス歴5年の沖田彩華(NMB48)、NMB48ダンス選抜曲「Must be now」メンバーから加藤夕夏、西村愛華、石田優美が登場し、大人っぽくセクシーな情熱ジャズダンスを披露。パフォーマンスを見ていた島崎遥香(AKB48)は、「体が華奢だから弱々しく見えるんじゃないかと思ったんですけど、女の子を武器にしているようなパフォーマンスが見られて素敵でした」と話し、FISHBOYは「手を上げて数秒間止まっていたところがありましたが、踊っている人って止まることが不安なんですよね。でも堂々としていて素晴らしいなと思いました」と高く評価した。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版