>  >  > NEWS、新たな冠番組実現か?

太田省一『ジャニーズとテレビ史』第十二回:『NEWSと冠番組』

NEWS、いよいよ新たな冠番組実現か? 知性とアイドル性の融合が生み出すもの

関連タグ
NEWS
JPOP
アイドル
ジャニーズ
バラエティ
太田省一
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
realsound-newsth_.jpg

(C)タナカケンイチ

 現4人体制での本格再始動からまもなく4年になろうとしているNEWS。デビュー時には9人という大所帯、関東と関西のJr.の混成チーム、また錦戸亮などの他グループとの兼務など、いま思えば他のジャニーズグループにはあまりない実験的な要素の多いグループだったことがわかる。V6、嵐に次いで『バレーボールワールドカップ』のイメージソングになったデビュー曲『NEWSニッポン』(2003年リリース)もセブン・イレブン限定販売という当時初の試みだった。その後紆余曲折もあって現在の4人による活動となったが、グループとしてすっかり安定期に入った印象だ。ある意味では、ここからがNEWSにとっての本番と言ってもいいだろう。

 4人体制となってから現在までのあいだ、個々のメンバーはそれぞれ活躍の場を拡大してきた。

 最年長の小山慶一郎は、夕方のニュースの顔としてすっかりおなじみになった。当初は週一回のみの出演だった『news every.』(日本テレビ系)では、2014年から月~木曜の第一部メインキャスターを務めるようになった。また昨年4月から『キャラオケ18番』(日本テレビ系)、同じく10月からはその後番組の『チカラウタ』で音楽バラエティ番組のMCを担当し、番組の仕切り役としての幅を広げている。

 加藤シゲアキは、小説家としても知られるようになった。2012年に現役ジャニーズアイドルとして初となる長編小説『ピンクとグレー』以来、昨年の短編小説集『傘を持たない蟻たちは』まで、すでに4冊を刊行している。そこから『ピンクとグレー』が映画化、『傘を持たない蟻たちは』はドラマ化されるなど、着々と成果を挙げている。

 増田貴久は、ドラマやバラエティの仕事もこなす一方で、その歌唱力にスポットライトが当たっている。歌やダンスのパフォーマンス面ではもともと定評があったが、それを生かした単独の仕事も増えてきた。『水曜歌謡祭』(フジテレビ系)で、大御所から同年代までそうそうたる歌手たちに交じって得意の歌声を毎回のように披露していたことは、まだ記憶に新しい。

 その増田とのデュオ「テゴマス」(スウェーデンでまずデビューしたというのも、NEWSらしいユニークさだ)としても活動している手越祐也は、スポーツやバラエティの分野での活躍が顕著だ。特技のサッカーを生かしたワールドカップ関連番組や『手越祐也&城彰二のサッカーアース』などのMC、そして『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にレギュラー出演し、時にはウッチャンらとロケに出て奮闘する姿は印象的だ。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版