>  >  > WaT、号泣のラストステージ

WaT、『Mステ』で号泣のラストステージ 小池徹平「ウエンツ、いままでありがとう」

関連タグ
KAT-TUN
手嶌葵
秦 基博
MAN WITH A MISSION
ももいろクローバーZ
WaT
JPOP
シンガー
ジャニーズ
バンド
ミュージックステーション
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の2月12日放送回には、KAT-TUN、手嶌葵、秦 基博、MAN WITH A MISSION、ももいろクローバーZ、WaTが出演した。

 1番手のももいろクローバーZは、この日歌う「WE ARE BORN」について、百田夏菜子が「アルバム(『白金の夜明け』&『AMARANTHUS』)が生から死をテーマにしていて、この曲には赤ちゃんが誕生しているところや、あやしているような振りが入っています」と語り、同曲を披露。2番手の秦 基博は、ドラマ『スミカスミレ』の主題歌である新曲「スミレ」について、「原作を読んで『恋が始まる瞬間』を意識しました。ドラマの続きが見たくなる曲になればいいな」と語り、同ドラマ主演の桐谷美玲が見守るなかで熱唱した。

 3番手の手嶌葵は、月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)主題歌の新曲「明日への手紙」を披露。歌唱前には、手嶌が10年前に初登場した際のVTRがオンエアされ、本人が赤面する一幕も。

 4番手のKAT-TUNは、中丸雄一が“最近ハマっていること”として「イラストを描くことにハマってるんです。以前から雑誌の連載で描いていたんですけど、最近は色んな美術館も見に行くようにしています」と告白。ここで中丸はタモリのイラストを持参し、タモリも「ありがとうございます」と喜びをあらわにしたあと、4人は新曲「TRAGEDY」を歌い踊った。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版