>  > AKB48・島崎、秋元康に“本当の愛”を教わる

AKB48・島崎遥香、秋元康に“本当の愛”を教わる「嫌いなところを好きにならなければ」

関連タグ
AKB48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 田村淳(ロンドンブーツ1号2号)とAKB48の島崎遥香がMCを務める深夜番組『淳・ぱるるの○○バイト』(フジテレビ系)が2月3日に放送された。同番組は田村と島崎がトークを挟みながら、全国から発掘した“かわいすぎる女子”、“かっこよすぎる男子”を紹介していくもの。

 番組序盤、2月に入ったこともあり話題は「バレンタインチョコ」へ。島崎は田村からチョコを作る予定があるか聞かれ「作る年と作らない年がありますね。去年はバレンタインの当日に雑誌のお仕事があったので、雑誌名をチョコに書いてそのスタッフさんにあげました」と話した。すると、田村が島崎の特徴でもある“塩対応”にかけて「甘いの?」と尋ねると、島崎は「塩入れてないですよ」と笑いながら返答し、スタジオに笑いが起きた。

 その後、番組では1人目の“かっこよすぎるバイト男子”による「恋愛に対して熱しやすく冷めやすいのが悩みで、相手の嫌なところがすぐ見えてしまう」という悩みを紹介。これに関連して、田村が「(島崎は)相手の嫌なところが見えても、それを含めて愛していきたい?」と尋ねると、島崎は「うん。それが本当の愛だって秋元(康)さんが言ってました。『嫌いなところを好きにならなければならない』って」と秋元康から恋愛論を教わり、自身の恋愛にも反映させようとしていることを明かした。

      

「AKB48・島崎遥香、秋元康に“本当の愛”を教わる「嫌いなところを好きにならなければ」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版