>  >  > 乃木坂46、“暗黙のルール”を語る

乃木坂46秋元真夏、生駒里奈、高山一実が『AmebaFRESH!』でグループの“暗黙のルール”語る

関連タグ
乃木坂46
JPOP
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46の秋元真夏、生駒里奈、高山一実が、1月28日に映像配信プラットフォームサービス『AmebaFRESH!』にて、開局記念特別番組『乃木坂なの?原宿なの?どっちなの?』に出演した。同番組は、東京・原宿のAmebaFRESH!スタジオからの生放送で、裏話を披露するほか、生放送中に新しいことに挑戦していこうというコンセプトだ。

 1つめのコーナー「乃木坂ディクショナリー」は、世間に知られていない乃木坂の共通ルール、グループの中の暗黙の了解をスケッチブックで発表していくというもの。1番手の生駒はスケッチブックに、「基本ナチュラルメイク」と記載。生駒は、乃木坂メンバーの化粧を「特別チークを入れるでもなく、唇もほんのりピンクで、まつ毛も少しマスカラ塗ってるくらい」と話し、その理由を「基本制服だからそれに合うように」と述べ、秋元、高山も納得した素振りをみせた。次に秋元が発表したのは「とりあえず真夏の言うことには『え~!!』と言う」ルール。生駒は秋元の発表に対して「気づいたらこういうルールが出来てた」と語り「最初はまなったん(秋元)の必殺技の“ずっきゅん”をやったら必ず『おー!』って効いてたのに、私たちメンバーもファンのみなさんも急にいつの日からか“引く芸”っていうものになった」と秋元への反応の仕方に言及した。

 最後に高山は「泣きぼくろ禁止」のルールを発表。高山は「昔ね、乃木坂のメンバーで泣きぼくろのメイクをする子がいたの」と話し、メンバーの和田まあやと自身も泣きぼくろのメイクをしていたことを明かした。泣きぼくろを描いていたメンバーにスタッフが注意し、乃木坂の禁止ルールになったのだという。番組中盤は「乃木坂 自分的ランキング!」として、3人の好きなものをベスト3で発表。続く質問コーナーでは、秋元が「バレンタインチョコは手作り派なのか買う派なのか」、生駒は「バレンタインに告白したことがあるか」をファンに尋ねた。

 番組終盤では、生駒が今後番組でしてみたいことについて「街頭インタビュー」、秋元は「みんなで原宿風のコスプレをしてみたい」と提案。高山は「生駒ちゃんのオススメの場所を教えてほしい」と尋ねると、生駒は原宿竹下通りにあるたこ焼き屋の『Koi-Taco』を紹介し、店の「恋が叶う」というジンクスに「アイドルが入ったら、悲しくない!? 『生駒必死かよ』みたいな。もしお店に入っているところを目撃しても、片思いとかじゃなくて、ただ単にたこ焼きを食べたいだけなので」とファンに呼びかけていた。最後は秋元が「この寒い夜もまなったんのことを思い出して、夢にまなったんが登場すると思うので楽しみに待っていてください!」と秋元らしいコメントを送り、番組が終了した。

 目の前でファンの反応が見れたり、『AmebaFRESH!』の放送を介して生のコメントがメンバーに届くなど、様々な形で盛り上がりを見せた『乃木坂なの?原宿なの?どっちなの?』。『AmebaFRESH!』では、今後も多くのコンテンツ番組を放送していく予定だ。

20160202-nogizakastudio.jpg

■配信情報
『AmebaFRESH!』乃木坂なの?原宿なの?どっちなの?(アーカイブ)
https://amebafresh.tv/nogizaka46/2038

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版