>  >  > 「ユニバーサル・クールジャパン 2016」オープニングセレモニー

「もっと世界に向けて発信したい」きゃりーぱみゅぱみゅが「ユニバーサル・クールジャパン 2016」に登場 

関連タグ
きゃりーぱみゅぱみゅ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが「日本のクールを、もっとアツく」をテーマに、日本が世界に誇る5大エンターテインメントブランドを登場させる「ユニバーサル・クールジャパン 2016」。2016年1月15日のグランド・オープンに先駆け、前日の1月14日にオープニングセレモニーが行われた。

  「ユニバーサル・クールジャパン 2016」は、“エヴァンゲリオン”、“進撃の巨人”、“モンスターハンター”、“バイオハザード”という、日本を代表する世界的に人気のある作品をモチーフとした新しいアトラクションと、今回「ユニバーサル・クールジャパン 2016」特命大使に任命された、今や日本のポップカルチャーを代表するアイコンであるきゃりーぱみゅぱみゅ(以下、きゃりー)の“KAWAII”世界をシンクロさせたアトラクションの5つのニューアトラクションが登場し、日本が世界に誇るエンターテインメントを世界に発信していこうというプロジェクト。この日のオープニングセレモニーでは、“エヴァンゲリオン”からメカニックデザイナーの山下いくと氏、“進撃の巨人”から担当編集者の川窪慎太郎氏、“モンスターハンター”からプロデューサーの辻本良三氏、“バイオハザード”から開発プロデューサーの川田将央氏、そしてきゃりーの5人がステージに登場。セレモニーを盛り上げた。

160120_u_k_2.jpeg

 

 色違いの袴姿で登場した各ブランドの代表者がステージに現れたあと、ピンクの袴に緑のファーのショールという、きゃりー流“和”をモチーフにした衣装で人力車に乗りレッドカーペットに登場したきゃりー。「ユニバーサル・クール・ジャパンが持つすばらしい理念に興奮しています」と挨拶した。各代表者たちも「“エヴァンゲリオン”を、(ユニバーサルスタジオジャパンが)どう料理してくれるのか楽しみにしてきた。とってもエキサイティング」(山下氏)、「これまで色々なメディアで“進撃の巨人”を展開してもらっていて、もうこれ以上はないかと思っていたけれど、もっと楽しむことができるぞと思った。そのくらいのクオリティー」(川窪氏)、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのクオリティーの高さは信頼しているが、やはりクオリティーの高いものを用意していただけた」(辻本氏)、「脱出ゲームもこれまでにないものになった。とてもユニークな展開を期待してもらいたい」(川田氏)と、それぞれ今回のプロジェクトの完成度には大満足な様子だ。

 自らの世界観を反映させたアトラクション「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」について、「ポップでかわいらしいが、それだけではなく結構怖い(笑)。絶叫が好きな人にもいいと思う。二次元を走っている感じ」と感想を語ったきゃりー。この日は海外からも多数メディアが取材に訪れ、世界からの注目度も高いことについても、「この盛り上がりもとてもアツいけれど、私自身ももっと世界に向けて発信できるようがんばっていきたい」とこれからの抱負を語り、きゃりーの開会宣言のあと、花びら型の桜吹雪とラメの特効がステージからまき散ると、集まった1500人の観客からは大きな歓声が起こった。

160120_u_k_3.jpegきゃりーぱみゅぱみゅXRライド 160120_u_k_4.jpegきゃりーぱみゅぱみゅXRライド・目線イメージ

  「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」は、視覚と聴覚からきゃりーの“KAWAII”世界に迷い込むことができる、世界初の技術を使った究極のエンターテインメント。ポップで摩訶不思議な世界を高速のコースターで探検する、刺激的なアトラクションだ。また、園内ではきゃりーのオリジナルフード、チュリスト・モンスターやオリジナルドリンク、トリック・ドリンク〜ホットチョコレート〜も用意されていて、ファンのみならず楽しめる。大人気のユニバーサル・スタジオ・ジャパンに勢揃いした、最新鋭の日本のポップカルチャーをぜひ体験して欲しい。

(文=岡野里衣子)

「「もっと世界に向けて発信したい」きゃりーぱみゅぱみゅが「ユニバーサル・クールジャパン 2016」に登場 」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版