>  >  > 欅坂46『おもてなし会』レポート

欅坂46メンバーが『おもてなし会』で個性発揮 セッションや演劇など盛り沢山の内容に

関連タグ
JPOP
アイドル
演劇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 欅坂46が1月16日と17日の両日、Zeppブルーシアター六本木にて2016年初イベント『新春! おもてなし会』を開催した。

 今回のイベントでは、メンバー21名が放送部、美術部、音楽部、演劇部、ダンス部、書道部のグループに分かれ、それぞれパフォーマンスを行なった。今回は17日昼公演についてレポートする。

20160117-keyaki3.jpg

「放送部」として司会進行を務めた上村莉菜(左)と尾関梨香(右)。

 イベントの総合MCは「放送部」である上村莉菜、尾関梨香が担当することが明かされ、2人が挨拶をしたのち、冠番組『欅って、書けない?』の自撮りコーナーで『サッサ』を描いてファンに大きな印象を残した小池美波と、現役美大生としてすでにその画力を各所で発揮している佐藤詩織が「美術部」として登場。ステージに設置された大きな白いキャンバスに、イベント終了までの時間を使ってライブペインティングで絵を描くことが発表された。

20160117-keyaki4.jpg

「ルパン三世のテーマ」を演奏した菅井友香(左)と渡辺梨加(中央)、小林由依(右)。

 その間にもイベントは進行し、続く「音楽部」のコーナーでは、最初に小林由依、菅井友香、渡辺梨加が登場した。小林はアルトサックスを、菅井と渡辺はピアノを担当し、3人で「ルパン三世のテーマ」を演奏。菅井はパフォーマンス後「私と梨加ちゃんはピアノを習っていたんですけどブランクがあって。最初は指が回らなかったけど上手く弾けてよかった」と成功を喜んだ。続いては再び菅井がピアノを務め、長沢菜々香は特技のバイオリンを、そして菅井の連弾相手には“トランペットキャラ”が定着している上村がピアノとして参加することが明かされ、会場からは驚きの声が。上村は「今日はちゃんとできるところを見せたい」と語り、「情熱大陸」をしっかりとパフォーマンスした。

20160117-keyaki5.jpg

「情熱大陸」を披露した上村莉菜(左)と菅井友香(中央)、長沢菜々香(右)。

 「音楽部」最後の出演者は、今泉佑唯と小林由依の“ゆいちゃんズ”(上村命名)。今泉が主メロを、小林がハモりを担当しながらツインギターで「ちっぽけな愛のうた」(大原櫻子が歌う映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』劇中歌)を披露し、会場はしっとりとした空気に包まれた。

20160117-keyaki6.jpg

長濱ねる(左)と守屋茜(右)による演技の様子。

20160117-keyaki7.jpg

渡邉理佐が原田葵(左)を後ろから抱きしめるシーン。

 続く「演劇部」のパフォーマンスでは、織田奈那・志田愛佳・原田葵・守屋茜・米谷奈々未・渡邉理佐・長濱ねる(けやき坂46)が登場。尾関が出番前に「ねるは演劇部の活動を通じて他のメンバーに話しかけれるようになった」と、グループに遅れて加入し、これまで敬語を使っていた長濱が徐々に打ち解けていることを明かした。7人はその後“告白”をテーマに演技を披露。長濱による九州弁の告白や、美少年風な守屋の男装、男役の渡邊理佐が原田に耳元で告白するシーン、志田・織田・米谷によるコミカルな演技などに観客から大きな歓声が上がった。

20160117-keyaki8.jpg

米谷奈々未(左)、織田奈那(中央)、志田愛佳(右)による演技のワンシーン。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版