>  >  > デヴィッド・ボウイ、新曲MV公開

デヴィッド・ボウイ、舞台『ラザルス』にフィーチャーされた新曲MVを公開

関連タグ
MV
洋楽
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20160107-d2.jpg

デヴィッド・ボウイ photo Jimmy King

 デヴィッド・ボウイが、新アルバム『★』(読み方:ブラックスター)より、最新MV「ラザルス」を公開した。

 同MVは、シングル「★」の約10分に渡るショート・フィルムを手がけたヨハン・レンクが再び監督に。ヨハンは撮影について「あのようなマインドの持ち主とコラボレートするなんて夢物語だよ。まして2回も。直観力や遊び心があって、ミステリアスで含蓄が深くて…今回ほど圧倒的で充実感のあるプロセスには絶対にならないことが分かっているから、もうこれ以上ビデオを作る気はないね。要は太陽に手が届いたような経験だったんだ」と語っている。

「ラザルス」 ミュージック・ビデオ

 同シングルと同名の舞台作品『ラザルス』は、1963年のウォルター・テヴィス著『地球に落ちてきた男』(The Man Who Fell to Earth)がインスピレーションの基となった作品。デヴィッド・ボウイと劇作家・エンダ・ウォルシュによって書かれ、演出家・イヴォ・ヴァン・ホーヴェが監督した舞台作品である。デヴィッド・ボウイ自身は出演していないが、同舞台の中でも同曲はフィーチャーされており、現在ニューヨーク・シアター・ワークショップ(NYTW)にて上演中である。

 また、同アルバムは、デヴィッド・ボウイと盟友トニー・ヴィスコンティがプロデュースを手掛け、ダニー・マッキャスリン(Saxophone, Flute, Woodwind)、マーク・ジュリアナ(Drums, Percussion)、ジェイソン・リンドナー(Piano, Wurlitzer Organ, Keyboards)らジャズ・シーンのアーティストや、LCDサウンドシステムの中心人物であるジェームス・マーフィーがPercussionでの参加を果たしている。


■リリース情報
『★』(読み方:ブラックスター)
発売日:2016年1月8日(金)
価格:¥2,500+税
仕様:初回デジパック仕様 / 日本盤のみ通常のCDプレーヤーで再生可能な高品質フォーマット【Blu-spec CD2】仕様 / 歌詞・対訳・解説付

<収録曲>
1. ★
2. ティズ・ア・ピティ・シー・ワズ・ア・ホア
3. ラザルス
4. スー(オア・イン・ア・シーズン・オブ・クライム)
5. ガール・ラヴズ・ミー
6. ダラー・デイズ
7. アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ

■関連リンク
アーティスト・オフィシャル・サイト
日本オフィシャル・サイト

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版