>  >  > AKBと西野カナ、ベスト盤の“違い”を検証

石井恵梨子のチャート一刀両断!

AKB48と西野カナ、ポップチャート常連がベスト盤で見せた“ベクトルの違い”

関連タグ
AKB48
西野カナ
JPOP
アイドル
シンガー
チャート
石井恵梨子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2015年11月16日~2015年11月22日(2015年11月30日付)(ORICON STYLE)

 ポップシーンの地図を塗り替える、と断言したWANIMAのアルバム『Are You Coming?』は、発売週こそ初登場4位(すごい快挙!)だったけれど、次週は15位、今週は20位でした。無名のパンクバンドにとっては十分すぎるほど素晴らしい記録ですが、やっぱりポップシーンはまだまだAKBのものなのね、という今週。世界的に言えばアデルの新作『25』が話題をかっさらっているけれど、これも日本では12,952枚で13位。AKB48『0と1の間』は625,756枚という圧倒的セールスなので、なんかもうお話にならない感じです。

 さて、そのAKB48。今回の『0と1の間』は、結成および劇場公演デビュー10周年を記念して、これまでに発表したシングル曲を収録した豪華ベスト盤。ただの「デビュー10周年」ではなく「劇場公演デビュー」という言い方に触れて、あぁこの人たちはアキバの劇場で「毎日会える」ことをアピールしていたオタク向けのグループだったのだ、という事実を思い出します。今の高校生には信じられない話でしょう。いつから「国民的」な「ポップシーンを牛耳る」アイドルになったのか、そのブレイクポイントを思い返したり、アキバでの思い出をしみじみ温め直したり、過去にセンターを務め上げたさまざまな顔ぶれを思い出したり……。涙も辞さないであろうファンの心理は容易に想像できますが、そう考えると余計、62万5千枚という数字……なんか微妙。確かに立派な数字なんだけど、イマイチこう、「10年おめでとう! 一生ついていくぜ!」というファンの総意が感じられない数字でもあります。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版