>  >  > KAT-TUN亀梨、4人体制を語る

KAT-TUN亀梨和也、4人体制への変化を振り返る「キャラが立つようになった」

関連タグ
KAT-TUN
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KAT-TUNによる冠番組『KAT-TUNの世界一タメになる旅!』の11月14日放送分では、「寝起きドッキリ傑作選」と「オーストラリアの旅」の未公開映像がオンエアされた。

 同番組は、KAT-TUNが全国各地を巡り、普段は出来ない体験・優しい人々との触れ合いの中で「タメ」になることをする旅バラエティー。メンバーは番組スタッフが決めた「指令は絶対!」「お金は使わない!」「全て自分達の力で交渉!」というルールをもとに、「天の声(番組スタッフ)」が出す様々な指令をこなしながら旅をしていく。今回は番組で数多く行ってきた寝起きドッキリの傑作選と、先日スペシャル版で放送したオーストラリアの旅から、未公開映像を流した。

 本編ではオーストラリアで「デビルカード」か「エンジェルカード」を見ずに引き、エンジェルを引いた場合には幸せな旅が、デビルを引いた場合には苦しい旅が待っていた。4人は動物と対面する際のカードチョイスでエンジェルを引き、「コアラと対面」を勝ち取るが、ここで引かなかったデビルコースの「クロコダイルと対面」に天の声が挑戦するという未公開映像を公開。普段イジられてばかりのKAT-TUNは、天の声が罰ゲームを受けることに歓喜し、中丸雄一は「ざまあみやがれ!」、上田竜也は「やれよ!」と、ここぞとばかりに罵声を浴びせた。

 続けてディナーを懸けたカードチョイスでは、中丸が「絶品オージービーフ」のカードを引き、ガイド役の美女・クロエ&ニキータとTーボーンステーキを食することに。調理中、天の声が「KAT-TUN、初めは6人だったんだけど今4人になったんだって、どう思う?」と質問し、クロエは「ケッカ良カッタ」と片言で回答。中丸は「心にしんみりくるね」、亀梨和也は「キャラが立つようになった」とこれを受け止め、T−ボーンステーキに舌鼓を打った。

      

「KAT-TUN亀梨和也、4人体制への変化を振り返る「キャラが立つようになった」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版