>  >  > Suchmosリリースパーティーレポ

Suchmosが1stALリリースパーティーで“船出”の決意 「次は10倍くらいのハコで」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Suchmosが、9月10日に渋谷・WWWにて、リリースパーティ『Suchmos THE BAY』を行った。

 同企画は、7月8日に発売した1stアルバム『THE BAY』を携えて行われ、ゲストには若手バンドのD.A.N.と、先輩であるKIMONOSを招き、幅広いラインアップが会場を盛り上げた。

 1番手のD.A.N.は、サポートに小林うてなを加えた4人編成で登場。複雑でミニマルなリズムに小林のスティールパンや櫻木大悟(ボーカル・ギター・シンセサイザー)のスウィートな歌声が乗り、心地よいサウンドスケープを描いていた。続くKIMONOSは、LEO今井と向井秀徳によるユニット。「Miss」や「Yureru」、「Mogura」などのライブ定番曲を披露したあとは、ドラマーとして白根賢一(GREAT3)を呼び込み、LEO今井のソロ曲「Furaibo」を3人で演奏するなどし、先輩格の威厳を見せつけた。

20150914-suchmos5.JPG

 

 その後、3番手としていよいよSuchmosが登場。まずはリリースパーティーに相応しく、アルバム1曲目の「YMM」からライブをスタートさせると、続く「Burn」、「Allight」と、グルーヴィーな演奏とともに収録曲を立て続けに披露した。MCではYONCE(ボーカル)が「この日がくるまであっという間でしたね。パンパンじゃねーかよ!」と感慨深そうに語り、観客とともにこの日の動員を喜んだ。

20150914-suchmos6.JPG

 

 4曲目の「Miree」は、音源とアレンジを変え、BPMを早めにしたものに。ここではKCEE(DJ)のスクラッチが冴えわたり、生バンドの演奏を絶妙な塩梅で盛り立てるエディット感を演出してみせた。続いて新曲「Stay Tune」、「Get Lady」と、熱量を感じつつ、横揺れでゆったりノレる楽曲を披露し、MCではYONCEが「次はゆったりノレるところで。10倍くらいのハコでやりたい」と強気な発言をし、続けて12月12日に六本木・Super Deluxeにて自主企画『Suchmos The Blow Your Mind vol.1』を開催すると発表。ゲストにSOIL & “PIMP” SESSIONSを迎えることが明かされると、会場のファンは喜びの声を上げた。

      

「Suchmosが1stALリリースパーティーで“船出”の決意 「次は10倍くらいのハコで」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版