>  > REBECCA再結成ライブレポ

REBECCA、20年ぶり再結成ライブレポ NOKKO「久しぶりの恋人に会ったような気分」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150729-ra3.jpg

 

 REBECCAが約20年ぶりの再結成ライブ『REBECCA Preview Live』を、7月28日に東京・豊洲PITで行った。

 開演を心待ちにするファンからの手拍子と歓声の中、暗転と同時にバンドメンバーが登場。「LONELY BUTTERFLY」のイントロが始まると、NOKKO(Vocal)が歌いながらステージに現れた。高い天井めがけてNOKKOのハイトーンボイスが響き渡る。少しおさえ気味かつ安定したバンドサウンドにのせた彼女の歌声は、しっかりと会場の奥まで届いている。サビでパッとステージと客席が明るく照らされると、20年の歳月を経て再会を果たしたメンバーとファンの感動に満ちた表情が鮮明となった。

20150729-ra2.jpg

 

 2曲目「Cotton Time」が披露されると、「キャー」「イェー」といった歓喜の声が会場のあちらこちらから上がる。先ほどとは打って変わって、低音のビートをずっしりと効かせたサウンドが鳴り響く。マイクスタンドを使い、くねくねと体を動かしながら歌うNOKKOの伸びやかな歌声が、熱を帯びた会場に爽やかな空気をもたらす。高橋(Bass)と小田原(Drums)のアイコンタクトにより曲が終わると、ステージが明るくなった。NOKKOは「どうもありがとう。こんばんは、REBECCAです。『こんばんは、REBECCAです』っていうのは、15年ぶり。こんなに来てくれると思わなかった。びっくりしちゃった。生きててよかったね」とファンに向けて語りかけると、息つく間もなく「母は終戦日の曲だと思ってたみたい。戦後70周年の今聴いてみると、そんな気もしないでもない」というエピソードから「真夏の雨」を披露した。

 ギターリフを煽るような会場の手拍子ではじまった「MONOTONE BOY」、楽曲終わりのメンバー紹介で「楽しんでますか。すごく楽しいんですけど、最後の曲なんですよね。本当にありがとう」というNOKKOからの突然の知らせに、ファンは落胆の色を隠せない。今回のライブは、8月から行われるアリーナ公演を前にしたプレビュー公演のため、4曲目にして最後の曲紹介だ。嘆き続けるファンをなだめるように「本当にありがとう。最初恥ずかしかったんだけど、久しぶりの恋人に会ったような気分」と自身の素直な思いを告げ、いよいよクライマックスへ。NOKKOの「豊洲PITー!!」という叫び声とともに、土橋(Keyboards)の印象的なシンセ音が鳴り響く「Rasberry Dream」がスタート。転調部分で会場の興奮は急上昇、その勢いのまま本編の幕を下ろした。

      

「REBECCA、20年ぶり再結成ライブレポ NOKKO「久しぶりの恋人に会ったような気分」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版