>  > SCREEN modeが語る曲作りの美学

1stフルアルバム『Discovery Collection』インタビュー

SCREEN modeが新作で見せた曲作りの美学「スコアリングが良くないと音楽に魂が宿らない」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150717_s_6.jpg

 

「時代の空気感に頼らずに、メロディと歌、演奏で勝負する」(雅友)

ーーという、全14曲を収めた1stフルアルバム。勇-YOU-さん、あらためて、どんな作品になったと思いますか。

勇-YOU-:本当にボリュームのあるアルバムだなと思ってます。過去も未来も全部詰め込んだものになっていて、新録音の楽曲にはいろんな可能性を感じられるし、SCREEN modeのCDとして初めてこのアルバムを手に取る人も多いと思うんですけど、誰が聴いても絶対に刺さる曲があると思うぐらい、いろんな色がある1枚だなと思います。

ーーこの2年間の成長として、何か自覚していることはあります?

勇-YOU-:最初は一生懸命で、右も左もわからなかったんですけど、レコーディングに対してもライブに対しても、非常に進化してるなという気持ちはあります。とにかく思いを伝えるためには、レコーディングでもきれいにまとまりすぎないように、ライブだと思って歌うことが大事だったりとか。ライブに来てくれるお客さんに心から楽しい気持ちになってもらいたいという意識は、すごく強くなったと思います。

ーー雅友さんに言いたいのは、これは質問でも何でもないですけど、メロディが本当にいいです。「メロディの復権」ということを、最初のインタビューの時からずっと言ってましたけど、まさにそうだなと。

雅友:ありがとうございます。

ーー日本のポップスとして、ハイ・クオリティなものだと思います。

雅友:SCREEN modeの音楽って、たとえば派手な効果音とか、シンセとかはあんまり入ってないんですよ。そういうものをサビの頭にドン!と入れると派手になるし、「STAR PARK」には入れましたけど、あんまりそこには頼らずに、スコアリング(*譜面を書くこと)で勝負するのが僕の美学としてあるんですよね。今の世の中にあるものは、たとえば海外でこういうものが流行っているからこういうシンセを入れようか、とか、そういう発想に行きがちだと思うんですけど。それもいいと思うし、分析的に考えれば時代の空気感は必要なんですけど、そこに頼らずに、メロディと歌、演奏で勝負するというのが美学なんですよね。いい悪いじゃなくて、美学。

ーーわかります。

雅友:スコアリングが良くないと、どんなにいいマイクで録ってもいい音にならないんですよ。出るところがはっきり出て、引っ込むところは引っ込むスコアリングになってないと、ぶつかり合っちゃって、それをエフェクターを使ってつじつまを合わせようとすると、音が濁っていくんですよね。オーケストラのように、全員がバン!と音を出して、バランスが合っているのが、本来の美しい状態なんです。スコアがちゃんと書けていれば、自動的にそうなるはずなんですけど、クラシックみたいに理論化されていないことなので、本を読んで勉強できることじゃないんですよ。それは自分なりの感性とノウハウでやるしかない。歴史を振り返れば、音楽家の全員が管弦楽法の本を読んで勉強したかというと、そうじゃないと思うんですよ。そこはみんな独自な方法で、後付けで理論化されてるだけだと思うんですよね。だから高音質にすることもスコアが大切だし、ミュージシャンにいい演奏をしてもらうこともスコアが大切だし、ライブでそれを演奏した時にPAの外音がきれいに聴こえるかどうかもそこにつながってくるんですよ。

ーーはい。なるほど。

雅友:すべての基本がスコアリングなんですよ。そこが考えられていないアレンジだと、音楽に魂が宿らないんですよ。最近はハイレゾが流行ってますけど、それが僕の考える本当のハイレゾですね。

ーーそれ、最高のフレーズだと思います。そんなアルバムを引っ提げて、夏はイベント、そして11月にはツアーが決まりました。勇-YOU-さん、今後のライブにはどんな思いで臨みますか。

勇-YOU-:8月29日の“アニサマ”でも、新しいSCREEN modeを見せられると思うんですけど、何といっても一番期待して欲しいのはワンマンライブツアーですね。初めてのツアーということで、シングルはもちろん、「フラクタル」「ハジマルメロディ」とか、しっとりとした楽曲も楽しんでもらいつつ、今までを超えたワンマンにしたいと思います。いろんな色をもっと出したいし、いろんな角度から楽しんでもらいたいので、これから一生懸命考えていきたいと思います。ぜひ来てください。

(取材・文=宮本英夫/写真=下屋敷和文)

■リリース情報
『Discovery Collection』
発売:2015年7月22日
価格:¥3,000(税抜)
【収録曲】
1. Brand-new land(スマートフォン完全連動 新世代TCG『銀鍵のアルカティアトライブ』主題歌)
作詞:勇-YOU- 作曲・編曲:太田雅友
2. STAR PARK
作詞:勇-YOU- 作曲・編曲:太田雅友
3. LOVE and FAKE
作詞:勇-YOU- 作曲・編曲:太田雅友
4. ~prelude~
作曲・編曲:太田雅友
5. marionette(2D対戦格闘ゲーム 『BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND』 ED主題歌)
作詞:勇-YOU- 作曲・編曲:太田雅友
6. Bloody Rain(PlayStationRVita専用ゲーム 『黒蝶のサイケデリカ』 OP主題歌)
作詞:勇-YOU-・RUCCA 作曲・編曲:太田雅友
7. 月光STORY(TVアニメ 『ぎんぎつね』 ED主題歌)
作詞:SCREEN mode 作曲・編曲:太田雅友
8. ハジマルメロディ
作詞:勇-YOU- 作曲・編曲:太田雅友
9. LφVEST(TVアニメ『LOVE STAGE!!』OP主題歌)
作詞:勇-YOU- 作曲・編曲:太田雅友
10. アメイジング ザ ワールド(TVアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』ED主題歌)
作詞:勇-YOU- 作曲・編曲:太田雅友
11. アンビバレンス(TVアニメ『黒子のバスケ』第3期 第2クール 帝光編ED主題歌)
作詞:勇-YOU- 作曲・編曲:太田雅友
12. フラクタル
作詞:勇-YOU- 作曲・編曲:太田雅友
13. 極限Dreamer(TVアニメ『夜ノヤッターマン』OP主題歌)
作詞:勇-YOU- 作曲・編曲:太田雅友
14. ~postlude~
作曲・編曲:太田雅友

■iTunesにて「Brand-new land」先行配信中
1stフルアルバム『Discovery Collection』リードトラック「Brand-new land」先行配信中
https://itunes.apple.com/jp/album/brand-new-land/id1017602163?i=1017602164
リリース日の7月22日(水)よりアルバム全曲配信予定

■ライブ情報
「SCREEN mode LIVE TOUR 2015 ~Discovery Collection~」
11月21日(土)大阪 OSAKA MUSE
11月22日(日)名古屋 HeartLand STUDIO
11月28日(土)東京 Shinjuku BLAZE

http://screenmode.net

「SCREEN modeが新作で見せた曲作りの美学「スコアリングが良くないと音楽に魂が宿らない」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版