>  >  > でんぱ古川、楽屋でLINEトークの利点語る

でんぱ組.inc、楽屋で常時LINEトークの利点語る 古川未鈴「ログが残るのもいいですよね」

関連タグ
でんぱ組.inc
吉田山田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、トークはでんぱ組.incが楽屋で直接話さず、LINEで会話することに及び、夢眠は「画像を見せたい時、みんなに画面を見せるのも面倒だからURLを共有する」と語ると、古川は「ログが残るのもいいですよね」と補足し、バカリズムを爆笑させた。ここで最上が「料理のセンスがすごいのが未鈴ちゃんで…」と古川の料理技術にタッチ。古川は「バレンタインイベントでファンのみなさんに作ったチョコが衝撃的で、いまだに言われるんです…」と後ろめたそうに語り、実際に作ったチョコの画像を公開。固形になりきっていないチョコを見たマギーは「湯煎前だよね!?」と驚き、バカリズムも「ハッシュドビーフだと美味しそう」と感想を述べると、相沢梨紗は「キッチンの子が味見したら『口の中が切れました!』って言われた」と当時の裏側を語り、新曲「おつかれサマー!」を披露した。

 2番手の「おしゃべりズム」ゲストは17歳のシンガーソングライター・井上苑子。「ツイキャス視聴100万人 現役女子高生シンガーソングライター」というワードで紹介された彼女は、小学6年生からストリートライブを行い、中学校1年生では地元・大阪の中規模ライブハウスでワンマンを成功させるなど、輝かしい経歴の持ち主だ。バカリズムはそんな彼女に対し「その年齢でストリートライブとかやってたら、変な人が来たりしなかった?」と投げかけると、井上は「『お疲れ様です』って貰ったビニール袋に、脱ぎたての靴下が入っていたことがある」と衝撃のエピソードを語り、スタジオを凍りつかせた。

 そのほか、武井俊祐(ヴィンテージ)がロケを行い、アーティストの魅力を探る「緊急指令! 今すぐ探リズム」では、空想委員会を特集。武井は彼らのレコーディング現場でマネージャーとして働くことに。ファンから一般公募を行い、コーラス録りを行う企画を実施する様子をサポートし、ファンに彼らの魅力をインタビュー。武井も参加したコーラスは「劇的夏革命」として楽曲化された。続くアーティストの自撮りを放送する「丸投げ! 自撮りズム」では、吉田山田と東雲 DONG WOON from BEASTが出演。それぞれが自撮りで新譜のPRをしたのち、スタジオライブで最新曲を披露し、番組が終了した。

 でんぱ組.incのパーソナルな部分が掘り下げられた今回の放送。次回は反響のあったバズワードを再検証する『夏のバズ祭り』がオンエアされる予定だ。

(文=向原康太)

      

「でんぱ組.inc、楽屋で常時LINEトークの利点語る 古川未鈴「ログが残るのもいいですよね」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版