>  >  > パスピエ企画『印象D』レポート

パスピエ自主企画『印象D』東京公演レポート

パスピエが『印象D』で見せた“個のアプローチ”の強さ 武道館公演を控えたバンドの現在地とは?

関連タグ
パスピエ
レキシ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150626-passpied.jpg

 

 パスピエが、6月24日に東京・新木場Studio Coastにて自主企画イベント『印象D』の東京公演を行った。

 同イベントは、パスピエが毎回共演したいアーティストとDJを招いて行われるもの。恒例となっている、ホスト役としてゲストアーティストの楽曲をカバーするコーナーもファンからは好評だ。今回は名古屋公演にYOUR SONG IS GOODとPARKGOLF、大阪公演にはBase Ball Bearとtofubeats、東京公演にレキシとDJ UPPERCUTが出演している。

20150628-rekipied.jpg

 

 この日、開場からレキシの登場までフロアを温めたのはDJ UPPERCUT。トラップやジャージークラブなど、ポップさと異物感が同居したプレイで会場のテンションをグングンと上げた。その後登場したレキシは、1曲目に「きらきら武士」を演奏。レキシこと池田は序盤から大盛り上がりの観客に対し「アウェーかホームかわからん! みんな初めてじゃないの?」と疑ってかかり、半数ほどの手が挙がると「やっぱりアウェーだ!」と叫んだ。とはいえ、レキシのライブでは恒例のコールアンドレスポンスも巻き起こり、この日も瞬く間に会場をホームに変えてみせた。

20150628-rekipied3.jpg

 

 その後、「年貢 for you」を披露したレキシは、あまりの盛り上がりに「昔は対バンイベントってそんな温かくなかったよ?」と語り「古墳へGO!」、「salt & stone」を立て続けに演奏し、いつもよりハイペースなライブであることを確認した池田は急遽予定していなかった「LOVE弁慶」をセットリストに追加。演奏が終わった池田は「いつもは5曲が限界なのに、今日はすごいよ!」とアピールし、「次は狩りに行こう!」と語ると、客席からはオフィシャルグッズである「INAHO」が次々に掲げられた。これを見た池田は「人様のイベントで稲穂を振るんじゃない(笑)!」と笑いながら注意すると、ラストの楽曲「狩りから稲作へ」を披露し、ステージを後にした。

 後攻のパスピエは、バンド・セッションで会場を盛り上げたあと、カラフルな衣装を身に纏った大胡田なつきが現れ、「とおりゃんせ」でライブをスタート。いつもより緩急を付けて同曲をパフォーマンスしたあとは YES/NO」「S.S」を立て続けに演奏。パスピエの持ち曲では身体性のある方に分類される前半の楽曲群だが、この日は少しテンポを落として演奏しているように感じられ、その影響からか、バンドの佇まいが貫録のあるものに見えた。

      

「パスピエが『印象D』で見せた“個のアプローチ”の強さ 武道館公演を控えたバンドの現在地とは?」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版