>  >  > 白石麻衣、ドキュメンタリーで独白の背景

『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』プレミア上映会レポ

乃木坂46白石麻衣、ドキュメンタリー映画で独白の背景語る「今さら隠しても仕方ない」

関連タグ
乃木坂46
JPOP
アイドル
映画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150701-nogizaka2.jpg

 乃木坂46が、6月28日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』の完成披露プレミア上映会に登場、映画に込めた思いやファンへのメッセージなどを語った。

 同作品は、乃木坂46にとって初のドキュメンタリー映画。乃木坂46の1stから10thまで10作連続でシングル収録曲のMVを手掛けてきた丸山健志が監督を務め、メンバーの密着ロングインタビューと母親だけが知っているエピソードの数々を詰め込んだほか、結成からこれまでの4年間を撮影した内容に仕上がっている。

 この日のイベントは、まず来場したファンへ向けて映画本編の試写を行い、その後に秋元真夏・生田絵梨花・生駒里奈・桜井玲香・白石麻衣・西野七瀬・橋本奈々未・深川麻衣・若月佑美と丸山監督が舞台挨拶として登壇した。なお、この日のチケットは前売り券が即完売してしまったことを受け、全国46劇場で中継が行われた。

 冒頭、イベントの司会進行を務める高橋大輔アナウンサーが登場すると、メンバーが登場する前にもかかわらず、観客席からは大きな拍手が起こった。高橋はテレビ番組やライブなどで乃木坂46にまつわる司会などを行っていたため、すでにファンにとってはお馴染みの存在だからだ。

 その後メンバーと監督が登壇すると、キャプテンの桜井玲香がファンへ向けて挨拶を行いイベントがスタート。メンバーの母目線で物語が進行する同映画について、丸山監督は「最初はメンバーの親御さんを撮影する予定ではなかった」と明かし「元々は乃木坂46加入前後でどう変わったかをテーマにしたかった」と続けた。桜井は同映画の制作期間について「この映画を作ると言われた時点から怖かったけど、自分たちでは発信できない部分であり、知ってほしい内容をインタビューしてもらった」と語ると、白石麻衣は自身の過去を躊躇なくさらけだしたところについて「『今さら隠しても仕方ない』と思った。ファンの方にも知ってもらいたかった」と明かした。

 また、生田が「お母さんの立場からのナレーションが入っていたりと、親目線で楽しむことのできる映画」と映画の演出に触れると、丸山監督はアイドル映画としては異例の切り込み方をした理由について「一人の女の子としての顔を撮りたかった。メンバーも真摯に向き合ってくれた」と語った。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版