>  >  > 嵐・二宮のお腹は陥没している?

嵐・二宮和也、ポッコリ疑惑のお腹を披露 TKO・木本「いま、お腹陥没してたよね?」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 嵐が番組オリジナルの大型ゲームでゲストと対戦する、“体感型アミューズメントゲームバラエティー”番組『VS嵐』(フジテレビ)。6月18日放送回に、ゲストとして映画『ストレイヤーズ・クロニクル』チーム(岡田将生、成海璃子、白石隼也、鈴木伸之、黒島結菜、栁俊太郎)と、プラスワンゲストとしてTKO(木本武宏、木下隆行)が登場し、熱戦を繰り広げた。

 番組冒頭、主演ドラマ『ようこそ、わが家へ』が最終回を迎えた相葉雅紀に、櫻井翔が「思い出のシーンは?」とたずねると、相葉が「やっぱ刺されたところ。俺、刺されるんだって(笑)」と応え、スタジオが笑いに包まれた後にゲストチームが登場。岡田将生が現在26歳で最年長だということに、嵐メンバーらが「次世代だね」と感心する一幕があった。

 最初のゲームは、ベルトコンベアを流れるターゲットにゴムボールをキックして倒す「キッキングスナイパー」からスタート。『ストレイヤーズ・クロニクル』チームは、サッカー経験者もいることから自信を見せるが、結果は210ptsと振るわず。対する嵐チームは木元と相葉がパーフェクトを出し、410ptsで差をつける。

 続く「バンクボウリング」のコーナーでは、黒島の母がデビュー時からの嵐ファンであることが告げられ、母から「小さい頃の夢はなんですか」との質問が嵐に寄せられた。櫻井は「サッカー選手」、松本と二宮は「プロ野球選手」、相葉は「ヒゲの生えた社長」と、それぞれ野心のある回答をしたが、大野は「僕はパン屋さんになるのが夢でした。優しいパンの匂いで人々を喜ばせたかったです」と素朴な夢を語り、ゲスト陣を笑わせた。ゲームは両チームとも高得点を出し、嵐チームが有利のまま。

      

「嵐・二宮和也、ポッコリ疑惑のお腹を披露 TKO・木本「いま、お腹陥没してたよね?」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版