>  >  > androp、夏ソングで新たなステージへ

androp、弾ける夏ソング「Yeah! Yeah! Yeah!」で新たな地平へ アルバム『androp』で飛躍の予感

関連タグ
androp
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150602-androp2.jpg

 

 andropにとって初となるCMソング「Yeah! Yeah! Yeah!」は、彼らを次のステージへと推し進めるポテンシャルを秘めた楽曲だ。

 同曲は、8月5日にリリースされる4thフルアルバム『androp』より、6月3日に先行配信された楽曲で、「三ツ矢サイダー」の新CMソングに抜擢されている。バンドにとってCMソングを担当するのは初めてで、CMのストーリーボードに沿って、監督とディスカッションを重ねながら制作された作品だという。

 まず一聴して驚くのは、そのメロディと言葉のキャッチーさだ。爽快感溢れる旋律に乗せて「ねえ ねえ ねえ 止めないでよ」と歌うボーカル・内澤崇仁の声は、優しくも深みのある響きがあり、弾けたサウンドとともに強烈に耳に残る。今回のCMのキャッチコピーは「空飛ぶサイダー」とのことで、ともすればただハイテンションな楽曲となりそうだが、しかしそこはandrop。多部未華子、福士蒼汰、小松菜奈らが葛藤し、決意し、一歩を踏み出していくCMのストーリーに寄り添うように、絶妙なさじ加減で叙情的なエッセンスを加え、背中を押してくれるような作品に仕上げている。多くのリスナーにとって共感しやすく、口ずさみたくなる楽曲で、このCMを期に一気にファンを増やすことは確実だろう。今年の“夏ソング”として、あらゆるシチュエーションを盛り上げてくれるはずだ。

 だが、指摘すべきはキャッチーなサビだけではない。耳に残るフレーズに惹かれて同曲を通して聴いた者は、andropならではの緻密なサウンドアプローチに再び驚かされるだろう。andropの内澤崇仁は、レディオヘッドやバトルスといったポストロックに影響を受けており、楽曲そのものに対する意識が非常に高い。鮮烈なサウンドを奏でるギター、ピック奏法からスラップ奏法まで使いこなすベース、歌心溢れるドラム、テクノロジーを積極的に取り入れたアレンジ……そのサウンドはどこを取っても徹底的に作り込まれていて、耳の肥えた音楽ファンを唸らせるものだ。今回の楽曲では昨今のロックシーンで流行している4つ打ちに真正面から挑戦しているが、その作り込みによって新鮮なサウンドに仕上げているのはさすがである。バンドアンサンブルの可能性を追求する姿勢は、キャッチーな同曲でもいかんなく発揮されているといえよう。

 また、今回の楽曲が4thフルアルバム『androp』からの先行配信であるというところにも注目したい。andropはこれまで、『anew』『note』『door』『relight』『one and zero』そして『period』という6つの盤をリリースしてきた。各アルバムの頭文字を取ると“androp”と読めるようになっているのだ。そして、今回のアルバムはすべての文字が揃った末に、バンド名を冠しているのである。活動初期はあくまでも楽曲を主体に聴いてほしいとの思いから、メンバー名を公言しないなど、匿名性の高い活動をしてきた彼らにとって、今作が大きな意義を持っていることは明らかである。ライブやミュージックビデオはもちろん、パッケージのアートワークまでコンセプチュアルな表現を貫いてきた彼らが、より高いステージを目指すことを宣言するアルバムが『androp』で、新たなスタンスを象徴する楽曲が「Yeah! Yeah! Yeah!」なのだろう。

 andropの音楽は、ポップで耳馴染みの良い歌と、エッジの利いたバンドサウンドという二面性により多くの良質なリスナーを獲得してきたが、しかしメインストリームのど真ん中でヒットチューンを飛ばすタイプのバンドではなかった。充分に支持はされているが、どちらかというと熱心な音楽ファンに向けて佳作を作り続けてきた印象がある。それは楽曲としっかり向き合おうというバンドの基本的なアティテュードであり、その誠実さが評価を高めてきた所以でもあるだろう。だが、彼らはもっと高みを目指せるバンドで、そのために必要だったのが、一瞬でリスナーの耳を奪うことができる今回のような楽曲なのではないか。「立ち止まったりしても大丈夫 もっと高く飛べる助走になる」という歌詞に、バンドが大きく飛躍する予感がした。

(文=松田広宣)

■リリース情報
『androp』
発売:8月5日(水)
価格:通常盤(CD)¥3,000+税
   期間限定通常版(CD+DVD)¥3,500+税 ※特殊パッケージ仕様

<CD収録内容>
1.Yeah! Yeah! Yeah!(三ツ矢サイダーTVCMソング/2015年)
2.From here
3.Shout(TBS系ドラマ『家族狩り』主題歌/2014年)
4.Answer
5.Paranoid
6.Star
7.Dreamer
8.Alternative Summer
9.Letter
10.Corna
11.Ghost(フジテレビ系ドラマ『ゴーストライター』主題歌/2015年)
12.Run(J-WAVE FOOTBALL FEVER 2014 キャンペーンソング/2014年)
13.Songs
14.You Make Me(映画『アップルシード アルファ』挿入歌/2014年)

<DVD収録内容>
1.From here(studio live)
2.Paranoid(studio live)
3.Letter(studio live)
4.Yeah! Yeah! Yeah!(studio live)

■楽曲配信情報
<iTunes>
https://itunes.apple.com/jp/album/id995980779?at=10l6Y8

<レコチョク>
http://recochoku.com/w0/androp_yeah/

http://www.androp.jp/

「androp、弾ける夏ソング「Yeah! Yeah! Yeah!」で新たな地平へ アルバム『androp』で飛躍の予感」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版