>  >  > sympathy、メジャーデビュー決定

19歳のガールズバンド新星・sympathy、CONNECTONEよりメジャーデビュー決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150602-sympathy.jpg

 

 ビクターエンタテインメントの新レーベルCONNECTONEが、高知県出身のガールズバンド・sympathy(シンパシー)と契約したことを発表した。

 同バンドは、Awesome City Clubに続いてCONNECTONEからメジャーデビューする第2弾新人。高校の部活で結成されたという、柴田ゆう(Vo./Gt.)、田口かやな(Gt.)、今井なつき(Ba.)、門舛ともか(Dr.)の4人組ガールズバンドだ。メンバーは全員19歳で、2014年春に高知市の同じ高校を卒業したばかり。2014年夏に一度だけ東京のライブハウスに出演した際、マネジメント会社の社長がそのステージと会場で発売されていたミニアルバム『カーテンコールの街』に衝撃を受けたことから、CONNECTONEに音源を紹介し、メジャーデビューが決定したという。

 そして同バンドのメジャーデビュー作は、7月15日リリースのミニアルバム『トランス状態』に決定。同作は柴田と田口という2人のソングライターを中心に、4人の現在を刻み付けた6曲を収録。柴田の個性際立つヴォーカル、LINE、twitter、skypeを駆使しながらメンバー全員で書き上げたという歌詞、そして疾走感のあるバンド・アンサンブルが特徴的な一作になるという。

■リリース情報
『トランス状態』
2015年7月15日(水)
¥1,800(税抜)

<収録内容>
1.女子高生やめたい
2.さよなら王子様 (アルバム・リード曲)
3.紅茶
4.有楽町線
5.泣いちゃった
6.あの娘のプラネタリウム

sympathyオフィシャルサイト

「19歳のガールズバンド新星・sympathy、CONNECTONEよりメジャーデビュー決定」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版