>  >  > 嵐、新曲「青空の下、キミのとなり」初披露

嵐、新曲「青空の下、キミのとなり」を初披露 憂いを秘めたダンサブルなナンバーに

関連タグ
VS嵐
ようこそ、わが家へ
アイドル
ジャニーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 嵐のメンバーが番組オリジナルの大型ゲームでゲストと対戦する、体感型アミューズメントゲームバラエティー番組『VS嵐』(フジテレビ)。その5月7日放送回にて、嵐の新曲「青空の下、キミのとなり」が初披露された。同曲は相葉雅紀主演の月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ)の主題歌で、『VS嵐』が始まって7年の歴史の中で、初めてメンバーが番組中に歌を披露するということもあり、ファンの間で注目を集めていた。

 冒頭、いつものセットとは違い、ブルーのライトが照らされるシックなステージの上に、白いスーツを着たメンバーが登場。EDM調のビートに合わせて、軽やかにステップを踏みながら5人がフォーメーションを組んでいく。前作の「Sakura」は表情豊かな手の動きなどに注力したダンスだったのに対し、今回はよりダンサブルな印象だ。

 イントロが終わり相葉がセンターに収まると、まずは相葉、松本潤、二宮和也のトリオが歌い出し、それと入れ違いで大野智と櫻井翔のコンビがマイクを持つ。ダンス・ミュージックを軸としながらも、ギターのカッティングやパーカッションを加えたオーガニックなサウンドと、憂いのあるメロディで大人っぽい雰囲気が演出されている。歌詞では「潜み続ける永遠の影/誰もが交差する街並み」と、現代のリアルな情景を描いているのは、シリアスなドラマのテーマに沿っているのだろう。しかしサビでは一転、明るくポジティブな曲調となり、「飛べない 届かない 空はない/掴めない 見れない 夢もない」と、大きな希望を歌っている。平歌と好対照となっていて、より開放感の感じられる仕上がりだ。

 歌を披露した後には、ゲストチームとして真琴つばさが率いる「宝塚OGチーム」と、嵐チームのプラスワンゲストとして東貴博と土田晃之が登場。宝塚では、メンバーが本人の意思とは関係なく花・月・雪・星・宙の5つの組に分けられ、組が異なるとあまり交流を持つことはないという話になると、真琴は嵐メンバーに「他のグループと交流あります?」と尋ねた。すると嵐メンバーは一様に口ごもり、「ないとはいえないけど、あるともいえない」と、ジャニーズ内ではそれほど他のグループと交流する機会がないことを明かした。続けて真琴は、宝塚では時々“組替え”があることから、冗談交じりに「他のグループとメンバーのトレードは?」と尋ねると、松本が「今のところはない」と応え、そのまま大野に「どうする? いきなりHey! Say! JUMPに入れっていわれたら。平成でもねぇのに(笑)」と話を振った。すると大野は「昭和を売りにして頑張る」と応え、スタジオが笑いに包まれる一幕もあった。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版