>  >  > AKB横山由依、“いじめ”告白

AKB48横山由依、“いじめ”体験を告白 「机に『死ね!』という紙が入ってたけど親に言えなかった」

関連タグ
NMB48
SKE48
AKB48
JPOP
アイドル
僕らが考える夜
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 土田晃之とAKB48の指原莉乃がMCを務める深夜の新番組『僕らが考える夜』(フジテレビ系)。初回放送となった4月16日分では、「いじめ」についての討論が繰り広げられた。

 同番組はAKB48のメンバーが“現代を生きる若者代表”として、ゲストや気鋭の論客と掲げられたテーマを元に議論を交わしていく、ソフトでポップな討論番組。今回は漫画家・蛭子能収をゲストに、論客には宇野常寛氏と濱野智史氏を迎え、「いじめ」をテーマに意見が交わされた。

 冒頭、番組から小学校のいじめ発生件数が「年間118,805件」であることが紹介されたあと、「なぜいじめはなくならないのか?」というテーマが発表。土田は「なかなかこういうお題について話すことがないし、若い子に影響力があるAKBメンバーがどう話すのか見てみたい」と客観的な意見を述べると、宮澤佐江は「『既読無視』がいじめに入っているのにびっくりした。そういう基準は無いから…」といじめの境界線について言及すると、指原が「どこからがいじめのボーダーラインかわからない」、横山由依は「ケンカの延長線上がいじめな気がする」と、それぞれの見解を述べた。

 一方、今回のメンバー陣のなかで若手である高橋朱里は「トークのプロフィール画面をいじめたい子の写真にする、というのを聞いたことがある」と、新型のいじめについて紹介すると、木崎ゆりあは「原因は家庭にもあると思う。親から愛情を貰ってない子がターゲットを作ってそういうことしちゃうし、ちゃんと愛情を貰ってれば起きないこともあるかも」と、家庭環境にもその一因があると推察した。

 ゲストの蛭子はいじめについて「いじめる相手も好きな人だからいじめるんだと思う。俺不良たちに好かれてたから…」と自身の体験談を明かすと、指原は「良いように使われていただけでは」と的確なツッコミを入れ、土田から「いじめられてると思うのか、超人気者だと思うのかという発想も大事だよね」と受け手の気持ち次第で重みも変わってくるというような意見を出した。ここまでの意見に対し、宇野は「いじめは『こいつを叩いているから自分はまともだ』という仲間意識の確認のためにやる。だから仲間意識がある場所を壊していかなければいけない」と、小さなコミュニティ同士の壁を無くすことがいじめ撲滅の一助になるのではと提案した。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版