>  >  > AKB48とJKT48が直接対決

AKB48とJKT48、直接対決で絆深める 横山由依「最近のコンサートで一番盛り上がった」

関連タグ
AKB48
AKBINGO!
JPOP
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『AKBINGO!』の4月15日放送分では、AKB48メンバーとJKT48メンバーによる「AKB48 vs JKT48 合同5番勝負」を行った。

 同企画は、2月20日に両グループの合同コンサートが行われた際の舞台裏を紹介するもので、言葉の壁を越えてメンバー同士が交流するために用意されたゲーム。

 冒頭、2月18日にAKB48メンバーがインドネシアに到着した際に200人の現地ファンから迎え入れられた模様が放送された。その翌日にはコンサートの合同リハーサルが開始するが、大島涼花や平田梨奈が「言葉が通じない」、ジェシカ・フェランダが「コミュニケーションは少しだけしか…やっぱり言葉が通じないから」と語るなど、言語の壁により意思疎通は難しいようだ。岡田奈々もまた「仲良くなりたくても仲良くなれない」と愚痴をこぼした。

 そこで、番組は「AKB48 vs JKT48 合同5番勝負」と題したゲームを実施。罰ゲームを掛けた対決で、メンバーの交流を図り、絆を深めようというものだ。1つ目は島田晴香とナビラ・ラトナ・アユ・アサリアによる「くしゃみ早出し対決」が行われ、JKT48に所属する仲川遙香が「AKB48でいうと大島優子ちゃんみたいな。前にも出るし変なこともする」と紹介したナビラがこれに勝利した。

 続いては岡田と、JKT総選挙2位のジェシカによる「トイレットペーパー早巻き対決」を実施。仲川はジェシカについて「ファッションリーダーで、AKB48だと小嶋陽菜ちゃん」と、マイペースなキャラクターであることを紹介し、対決でもゆっくりとトイレットペーパーを巻いたジェシカだったが、岡田が焦りのあまり混乱し、その隙を突く形で勝利した。

 3つ目の対決を行ったのは、大島と、今年結成されたチームTで期待を寄せられるメンバーであるミシェル・クリスト・クスナディ。マジスカ学園にも出演した彼女について、仲川は「日本と日本の歌が好き」とアピールすると、おでこに付けたせんべいを顔の動きだけで取る「せんべいパックン対決」がスタート。これには大島が勝利し、AKBチームがようやくポイントを獲得した。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版