>  >  > HKT48指原莉乃、反抗期の矢吹奈子を諭す

HKT48指原莉乃、反抗期の矢吹奈子を諭す 「奈子ちゃん、これがテレビよ」

関連タグ
HaKaTa百貨店 3号館
JPOP
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HKT48の冠番組『HaKaTa百貨店 3号館』(日本テレビ系)の2月17日放送分では、ゲストに岡田圭右(ますだおかだ)を迎え、メンバーとの交流を図った。

 同番組は、指原莉乃がバイヤー(MC)としてメンバーの知名度向上のために様々な企画を行う、定期的にHKT48メンバーが持っていたレギュラー番組の第3シーズンとなるもの。今クールは、以前のようにAKB48グループのメンバーを招いて行うのではなく、HKT48に興味がない「アンチHKT48」の芸能人をゲストに迎え、グループの魅力を売り込み、さらなる人気拡大を目指している。

 冒頭、朝長美桜が岡田の印象について「『ワオ!』(岡田の持ちギャグ)ばかりしてる人」と語ると、岡田は「他も喋ってるけどオンエアに乗っからないの」と明かし、メンバーを笑わせた。朝長は続いて岡田に「ファンの人に『グラビア見たよ』って言われて恥ずかしいときに使えるギャグをください」とお願いし、照れ隠し用のギャグを伝授された。

 その後、HKT48メンバーへの緊急企画として、メンバーの両親から寄せられた家での様子を川柳で紹介する“HKT48家族川柳”がスタート。同企画が行われることを知らなかった指原以外のメンバーたちが慌てふためくなか、指原が「だんだん家族の川柳が上達している」と語り、1人目・田中菜津美の父から寄せられた「背は伸びた 一緒に伸びてよ 握手券」という川柳を紹介。続いて若田部遥の弟から寄せられた「起こしても 起こさなくても キレられる」には、若田部が「言い方が嫌だから、つい走ってタイキックをやっちゃう」と笑いながら家族の仲むつまじさを語った。

 3番目に紹介された、本村碧唯の母からの「風呂上がり ブラとパンツで 耳掃除」という内容については、指原が本村母からの「時々パンツ一丁で現れるのでアイドルとして大丈夫かどうか心配です」というメッセージと合わせて紹介。メンバーは驚きの声を挙げるが、本村は「お父さんがいても全然大丈夫です」とあっけらかんとした表情で答えた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版