>  > アゲハスプリングス新イベントレポート

ゆず、JUJU、back numberらが出演 アゲハスプリングスの新イベント『Synapples2.0』レポート

関連タグ
back number
JUJU
ゆず
JPOP
ROCK
シンガー
バンド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150208-ageha.jpg

ゆず(撮影=石井亜希)

 アゲハスプリングスが、2月7日に豊洲PITでライブイベント『Synapples2.0 ~no border between sounds~Produced by agehasprings』を開催した。

 アゲハスプリングスは、音楽プロデューサー玉井健二が代表を務め、蔦谷好位置、田中ユウスケ、田中隼人、百田留衣といった数多くのヒット曲を創出し続ける気鋭のクリエイターが多数在籍するプロデューサー集団。今回のイベントは、同社が設立10周年を迎え、新しく立ち上げたプロジェクトだ。

20150208-ageha3.jpg

Synapples2.0(撮影=石井亜希)

 今回出演したのは、Aimer、back number、Faint⋆Star、JUJU、安田レイ、ゆずの6組で、いずれもアゲハスプリングスのクリエイターがプロデュースや楽曲提供をしているアーティストたち。この日のイベントは、アーティストがライブを行うだけではなく、イベント名にもなっている“Synapples2.0”というバーチャル・アーティストがナビゲート役となり、最新映像技術を用いたライブパフォーマンスや転換映像などを展開したエンタテインメントとして機能していた。

20150208-ageha4.jpg

安田レイ(撮影=石井亜希)

 イベント冒頭、オープニングアクトとして“Synapples2.0”が登場。本当にひとりのアーティストが歌っているかと思うほどリアリティのある姿でスクリーン上に投影された彼女は、1曲目には同イベントのコンセプトを体現したともいえるオリジナル曲「Rebirth」を披露した。その後、YUKIの「JOY」を英語詞バージョン、元気ロケッツの「Heavenly Star」をそれぞれカバーし、視覚と聴覚で観客をたちまちイベントの世界観に引き入れた。これらの楽曲を披露したあと、“Synapples2.0”が突然消えたかと思うと、スクリーンの奥に人影が。幕が上がるとアコースティック・バージョンの「Heavenly Star」とともに、元気ロケッツでLumiとしてボーカルを務めていた安田レイが登場。バーチャルとリアルが交差する演出で、同社が行ってきたプロジェクトの系譜を見ることができた。安田はメジャーデビュー曲「Best of my Love」や「Brand New Day」など、自身を代表する楽曲を次々披露し、ダンサーらとともに会場を盛り上げた。

20150208-ageha5.jpg

back number(撮影=石井亜希)

 続いて、しばらくの転換時間があったあと、ステージ上のスクリーンに「Now Loading…」の文字が。「青い春」のイントロとともに登場したback numberの姿に、観客から大きな歓声が浴びせられた。back numberは「003」を演奏したあと、続けて新曲「ヒロイン」を披露すると、会場のサイドスクリーンにはARで雪の映像が被せられ、会場内に雪が降っているかのような演出がなされた。その後、清水 依与吏(ボーカル・ギター)が前日に行われたイベント『Golden Circle Vol.19』で共演した先輩ミュージシャンたちについて「寺岡呼人さんや奥田民生さん、斉藤和義さんみたいなミュージシャンになりたいけど、でも俺は誰にもなれないんだよなあ!」と自身の“ミュージシャン像”を語り、代表曲「高嶺の花子さん」を歌い上げた。最後には「スーパースターになったら」を披露し、ステージをあとにした。

20150208-ageha7.jpg

Faint⋆Star(撮影=石井亜希)

 3番手に登場したFaint⋆Starは、アゲハスプリングスがトータルプロデュースを手掛けるガールズユニットだ。まずはスクリーンに大量の映像と激しいストロボが投射され、2人の姿が見えないまま1曲目「メナイ」がスタート。楽曲が後半になると2人が姿を現し、曲終わりのMCではYURIAが若干緊張した様子を見せながら、2nd Single「フィルム!フィルム!フィルム!」の表題曲を披露した。楽曲面が充実しているガールズユニットとして評価の高いFaint⋆Starはこの日、激しいエレクトロとポップチューンという対照的な2曲を歌い上げ、存在感を示した。

20150208-ageha6.jpeg

Aimer(撮影=石井亜希)

 4番手にはAimerが登場。初のワンマンツアーが全公演即ソールドアウトするなど、今まさに勢いのある女性シンガーである彼女は、これまでのアッパーだった会場の雰囲気を1曲目「ポラリス」でがらりと静かな空気に塗り替えた。続いて同イベントのサポートを務めた名越由貴夫(ギター)、佐々木貴之(ギター)、種子田健(ベース)、松原"マツキチ”寛(ドラム)、濱田晃弘(マニピュレーター)という豪華なバンド演奏をバックに、グルーヴ感のある「AM02:00」やコーラスの印象的な「RE:I AM」を熱唱し、歌唱力の高さを見せつけた。Aimerは4曲目に、杏主演のテレビ朝日ドラマスペシャル『クロハ〜機捜の女性捜査官』の主題歌となった新曲「君を待つ」を披露すると、ラストは彼女の代表曲「六等星の夜」を、スクリーンに映し出された満天の星空のもとで幻想的に歌い上げた。

20150208-ageha8.jpg

JUJU(撮影=石井亜希)

 Aimerがステージから去ったあと、会場では激しい照明が光り出し、Synapples2.0が再び登場。今度はJUJU「Hot Stuff」の英語詞カバーをスクリーン上で歌い踊ると、続いてJUJU本人が現れ、原曲の「Hot Stuff」を熱く歌い上げた。JUJUは「アゲハスプリングスさんにゆかりのある3曲を歌います」とMCで語ると、カバーアルバム『Request II』から、玉井健二がプロデュースした「情熱」(UAカバー)と、同じく玉井がプロデュースした新曲「Hold me, Hold you」をそれぞれライブ初披露。JUJUの巧みなボーカルワークとアレンジ力の高いバンド演奏に、観客は静かに耳を傾けていた。

20150208-ageha10.jpg

ゆず(撮影=石井亜希)

 そして、トリのゆずが現れるかと思いきや、スクリーンに投射されたのはSynapples2.0からのメッセージ。無機質な声で映像とともに読み上げられたそのメッセージが、徐々にゆずの「虹」の歌詞と交わり、会場からは黄色い声援が大きく上がった。その後、七色の照明をバックにゆずの2人が登場。ゆずは北川悠仁が「ダチです!」と紹介し、これまで彼らの楽曲プロデュースを多く手掛けてきた同社のクリエイター・蔦谷好位置をキーボード兼バンマスに迎え「凸凹」「逢いたい」を立て続けに歌い上げた。その後、『ゆず×蔦谷好位置スペシャルメドレー』を披露。会場のファンは、普段はスタンディングで彼らを見る機会が少ないこともあり、「シシカバブ―」や「LOVE & PEACH」、「Yesterday and Tomorrow」に「with you」、「ヒカレ」など、懐かしの楽曲を織り交ぜたメドレーに対し、振りや掛け声を交えながら熱狂していた。そして終盤に披露された「夏色」では、お約束の「もう一回!」パフォーマンスが飛び出したり、スクリーンにはAR映像で花火が投射されるなど、この日一番の豪華な演出を見ることができた。最後にゆずは、北川が世界平和へのメッセージを読み上げたあと、「Hey和」をしっとり歌い上げ、イベントは終了した。

 『世界中の人々にもっと日本のポップミュージックの素晴らしさを伝えたい』という思いで作られたSynapples2.0が初披露され、日本を代表するポップアーティストが一堂に会した今回のイベント。実験的な要素も孕みながら、同イベントはこの先もさまざまな試みを続けていくことだろう。

■セットリスト
Synapples2.0
01.Rebirth
02.JOY
03.Heavenly Star

安田レイ
01.Heavenly Star ~Acoustic Version~
02.Just for you
03.Best of my Love
04.Mirror
05.恋詩
06.Brand New Day

back number
01.青い春
02.003
03.ヒロイン
04.高嶺の花子さん
05.スーパースターになったら

Faint ★ Star
01.メナイ
02.フィルム!フィルム!フィルム!

Aimer
01.ポラリス
02.AM02:00
03.RE:I AM
04.君を待つ
05.六等星の夜

Synapples2.0
01.Hot Stuff

JUJU
01.Hot Stuff
02.情熱
03.Hold me, Hold you

ゆず
01.虹
02.凸凹
03.逢いたい

~ ゆず×蔦谷好位置スペシャルメドレー ~
04.シシカバブー
05.いちご
06.LOVE & PEACH
07.Yesterday and Tommorow
08.HAMO
09.LAND
10.with you
11.ヒカレ

12.夏色
13.Hey和

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版