>  > Nao Yoshiokaがお披露目ライブ実施

本格ソウルシンガーが表舞台へ Nao Yoshiokaがお披露目ライブで“規格外の歌声”を披露

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150125-nao1.jpg

 

 Nao Yoshiokaが1月20日、東京・代官山LOOPで音楽関係者を集めたコンベンションライブを行った。

 同ライブは、Nao Yoshiokaが4月にヤマハミュージックコミュニケーションズからリリース予定のメジャーデビューアルバムの楽曲を披露するために行われたもの。報道陣が多数集まり、本格ソウルシンガーの表舞台への登場を見守った。

 Nao Yoshiokaは2009年から2年半にわたって米国・ニューヨークで歌手修行。2013年にはR&Bシンガーの殿堂・アポロシアターで開催されている『アマチュアナイト』で準優勝し、トップドッグに選出されるという日本人シンガーとしては初の快挙を成し遂げ、2014年は米国、オランダでライブツアーを行った実力派シンガーだ。

 今回のデビューにあたっても、ソウルミュージックに特化した音楽レーベルとして海外アーティストの作品を数多くリリースしてきた<SWEET SOUL RECORDS>が全面的に彼女をバックアップするなど、音楽界から寄せられる期待は大きい。

20150125-nao3.jpg

 

 この日の開演前には、Nao Yoshiokaが歩んできたヒストリーをまとめたVTRが上映され、VTRが終わると同時にライブがスタートした。演奏巧者が揃ったバンドメンバーのセッションが始まり、しばらくしてステージに現れたNao Yoshiokaは「Make the Change」を熱唱。続けて「The Light」をファンキーなリズムに乗せてソウルフルに歌い上げ、ライブ冒頭から高いポテンシャルを見せつけた。

      

「本格ソウルシンガーが表舞台へ Nao Yoshiokaがお披露目ライブで“規格外の歌声”を披露」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版