>  >  > “次世代・ネオ渋谷系”イベントレポ

“次世代・ネオ渋谷サウンドイベント”『YASHIBU』をレポート

ORESAMA、Seiho、give me walletsらが躍動 “次世代・ネオ渋谷サウンドイベント”レポート

関連タグ
ORLAND
CLUB
DANCE
HOUSE
JPOP
ROCK
TECHNO
イベント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20141209-oresama.jpg

『YASHIBU』でライブを行ったORESAMA。

 ライブ&ストリーミング放送イベント『YASHIBU』が12月6日、東京・渋谷の2.5Dスタジオにて開催された。

 同イベントは “次世代・ネオ渋谷サウンドイベント”として、トラックメイカー・バンド・ユニットを招いて開催されたものであり、ORESAMAが12月3日にリリースしたデビューシングル『オオカミハート』のリリースパーティーとして行われたイベント。当日はモデル・アリスムカイデのMCからイベントがスタートした。

 1番手に登場した禁断の多数決は、人前で演奏することはあまりないため、この日が結成から3回目のライブ。今回はミスiD2015でグランプリを獲得した水野しずと、『堂本剛2011平安神宮ライブ』などの空間演出を手掛けていた廃棄物蒐集家・舞台美術家のOLEOを加えたスペシャル編成を披露した。メンバーの水蓮寺・J・さひろと加奈子によると、演出はバンドの中心人物であるほうのきかずなりの感性で作られており、他のメンバーはその良さを「理解していない」そうだ。バンドは寸劇をメインにパフォーマンスを繰り広げ、楽曲の披露は30分の持ち時間でわずか2曲(水野しずが歌唱した寸劇内の楽曲を入れると3曲)。あまりに斬新な演出に、出番後には会場がざわついていたのが印象的だった。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版