>  >  > AKB48、宮本亜門審査の舞台裏

AKB48、宮本亜門オーディションの舞台裏とは? 梅田彩佳「この一ヶ月間、今までの人生で一番歌った」

関連タグ
AKB48
AKBINGO!
JPOP
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『AKBINGO!』の11月12日放送分では、AKB48のメンバーが10月21日に行った『AKB主演ミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い~」最終オーディション』の裏側を放送した。

 同企画は、演出家の宮本亜門が2012年に手掛けた『ウィズ~オズの魔法使い~』が2015年3月に再び上演されるにあたって、前回(2012年の主演は増田有華)と同じく、AKB48のなかから主役であるドロシーを演じるメンバーをオーディションで選出するもの。これまで『AKBINGO!』(日本テレビ)を通じて行ってきた審査では、108人のオーディション参加者から、梅田彩佳(NMB48)、岡田奈々(AKB48)、田野優花(AKB48)、横山由依(AKB48)、高柳明音(SKE48/NMB48)、仲川遥香(JKT48)の6名がダンス審査や歌唱力審査を通過し、最終選考では梅田と田野が主役の座を射止めた。(参照:AKB48田野優花&NMB48梅田彩佳、宮本亜門ミュージカルの主役に決定!

 今回の放送では、最終審査の舞台裏に密着し、各メンバーの審査前後の行動や心境の変化をレポート。前編となった11月5日の放送では、楽屋入りからダンス・演技審査の様子をオンエアした(参考:AKB48、ミュージカル審査の裏側明かす 横山由依「AKB以外のスタッフと何かを作りたい」)。

 最終選考となった歌唱力審査では、ミュージカルの最後に歌う曲であり、メロディーのガイドになる音が入っていないという難題曲「HOME」が課題に。「オーディションを考えたくない日もあるくらいプレッシャーだった」と語っていた岡田は、高音域が求められるクライマックス部分で上手く声が出ず、終了後の舞台裏で「悔しい…」と涙を流した。続く高柳も同ヶ所の音が上手く出ず、仲川もリズムが上手く取れずに終わってしまった。

 2年前の最終オーディションで落選した梅田は、「一番のネックは歌唱」と当時の失敗を振り返ると、今回の練習量について「この一ヶ月間、今までの人生の中で一番歌った。下手くそだけど歌い続けたら何か見えるんじゃないかと思って」と語った。そして審査では2年前に躓いた高音部分をクリアし、舞台裏で「欲を言えばもっとできた。でもステージ上で出せるのが今の実力なので」と冷静に自身を分析。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版