>  >  > 家入レオ、最新曲で歌う「愛」とは

家入レオが『Nのために』主題歌で見せた決意とは? 10代最後の最新曲を分析

関連タグ
家入レオ
J-POP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
141031_ieiri_a.jpg

 ベストセラー作家・湊かなえの原作を映像化したことでも話題のドラマ『Nのために』(毎週金曜22時~、TBS系)が現在放映中だ。本作は、ある殺人事件の真相をめぐり、“N”のイニシャルを持つ登場人物たちが交錯する純愛ミステリー。主演の榮倉奈々をはじめ、窪田正孝、賀来賢人など若手俳優陣が、それぞれに抱えた“罪”の重さに苦悩する男女を熱演し、幅広い世代から注目を集めている。現在までに2話が放映されており、今晩放送の3話では、事件のきっかけとなった15年前のある出来事が明らかに。いよいよ物語が大きく動き出しそうな予感だ。

 そんな本作の主題歌に起用されているのが、家入レオの新曲『Silly』。自身8枚目のシングルとなるこの楽曲は、家入自らが原作を読んで書き下したという1曲で、初のバラード・シングル。加えて、12月に20歳を迎える彼女にとって、10代最後のリリース曲となるなど、さまざまなトピックが並ぶ楽曲となった。そんな意気込みもあってか、『Silly』はこれまで家入が歌ってきた曲とは、明らかに手触りが違っている。例えばこんな歌詞。≪強がり隠した涙の痕に 気づかないそぶり 肌を重ねる夜は≫ ≪吐息の隙まで名前を呼ばれ 逢えない日の孤独 掻き消されるんだ≫など、恋愛の情景を連想させる言葉が並ぶ。

家入レオ - Silly

また、モノトーンを基調としたジャケットのアートワークも、これまでの、未来にまっすぐ目を向けているようなイメージとは打って変わって、憂いを帯びた一面を覗かせるものとなっている。果たして家入が楽曲に込めた想いとはどんなものだったのか。

 2012年、『サブリナ』で現役高校生シンガーとして華々しくデビューした家入レオ。同年代のアイドル性の高い歌い手とは一線を画す、正統派シンガーソングライター然とした楽曲スタイルは、10代はもとより耳の肥えた音楽好きからも大いに支持されることとなった。彼女が一貫して歌ってきたのは、いわゆる「孤独」や「痛み」、「希望のない世界にある一筋の光」といった切実な想い。新曲『Silly』では、それらをより純化し、さまざまな境遇の人々が追い求める「愛」について言及した。“Silly”とは、愚かなという意味合いの言葉。つまり家入は、愛を追い求める行為を“Silly”と評しながらも、優しく肯定してみせているのである。楽曲制作にあたり、家入は「登場人物なりの愛の表現に共鳴しながら、時には心を痛めながら、原作を読ませて頂いて、愛の姿、について深く考えさせられました」とコメント。20歳を前に、一辺倒ではない「愛」のあり方を知ったことが、前段で触れた変化へと繋がったようだ。いわば、彼女の成長が如実に表れた楽曲と言えよう。

 ドラマ『Nのために』の中でも描かれるように、10代から20代へと移行していく期間は、誰の人生においても重要な意味を持つもの。ましてや表現者にとってはなおさらだ。家入は9月末で終了した自身のラジオ番組「RADIPEDIA」(J-WAVE)の中でも、たびたび自身の年齢について話題にし、10代の終わりを強く意識していることを匂わせてきた。そこには、20歳=「大人」というカテゴライズに対する焦りもあっただろうし、若くして歌手デビューした自身の方向性に対する迷いもあったのかもしれない。しかし、この楽曲からわかるのは、彼女がはっきりと「大人になること」を選択したということ。迷いは消え、進むべき道が明確に見えているような印象も受ける。

 果たして、来年に届けられるであろう20歳を迎えた彼女の第一声とはどんな楽曲になるのか。まずは『Silly』を聴きながら、楽しみに待ちたい。

(文=板橋不死子)

■リリース情報
『Silly』
発売:2014年11月19日

【通常盤】
VICL-36967 ¥1,200(税抜)

〈収録曲〉
1.Silly
2.願い事
3.勇気のしるし
4.Silly(Instrumental)
5.願い事(Instrumental)
6.勇気のしるし(Instrumental)

【初回限定盤A(CD+DVD)】
VIZL-726 ¥1,700(税抜)

〈収録曲〉
1.Silly
2.願い事
3.勇気のしるし
4.Silly(Instrumental)

〈DVD〉
「Silly」MUSIC VIDEO、MAKING、他全3トラック収録


【初回限定盤B(CD+DVD)】
VIZL-727 ¥1,700(税抜)

〈収録曲〉
1.Silly
2.願い事
3.勇気のしるし
4.Silly(Instrumental)

〈DVD〉
ライブ映像5曲を収録。(2012年2月のデビューライブから今夏の最新ライブまで、初商品化となるライブテイク5曲を収録。家入レオ10代の軌跡を網羅したライブ映像集)

■ライブ情報
『LEO IEIRI LIVE 12/13 ~ thanks 2014 ~』
12月13日(土) 東京・新木場STUDIO COAST

『関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパス 後夜祭ライブ』
11月3日(月) 兵庫・関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパス 中央芝生

『LIVE in MIE 2014』
11月29日(土) 三重・三重県文化会館大ホール

■オフィシャルHP
http://www.jvcmusic.co.jp/leo-ieiri/

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版