>  >  > AKB48が“歌ウマ”歌手を選出

AKB48が選ぶ“歌ウマ”アーティストの顔ぶれとは? 指原「同じ番組収録で聴くと、改めて痺れる」

関連タグ
AKB48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 土田晃之とAKB48の指原莉乃がMCを務める深夜の新番組『※AKB調べ』(フジテレビ系)。10月23日分では、AKB48メンバーがこれまで聴いた中で一番歌が上手い歌手を調査した。

 同番組はAKB48のメンバーが世の中の気になる事象について赤裸々に本音を言う、マーケティングバラエティー。選抜総選挙、番組の出演、公演の立ち位置など、スタッフやファンに「選ばれる」立場である彼女たちが「選び」「発信する」側に回るというもの。今回は井森美幸をゲストに迎え「歌が上手いと思った歌手」をテーマに議論が行われた。

 番組では、一般人に取ったアンケートの結果として、男性ボーカルの1位がATSUSHI(EXILE)、女性ボーカルの1位が宇多田ヒカルだと紹介。トップ10を調査した。

 まず10位には、渡辺麻友(AKB48)が「歌番組の収録で目の前で聴いて、美声に酔いしれた」、宮脇咲良(HKT48/AKB48)が「こんな声の人間っているんだと思った」と挙げた森山直太朗がランクイン、9位には近藤里奈(NMB48)「この前、『イナズマロックフェス』で見た時に鳥肌が立った」と評したT.M.Revolutionが名を連ねた。続けて、8位はAAAが選ばれた。

 7位には峯岸が「日本人離れしてて、心をえぐられる」語ったJUJUがランクインすると、6位には兒玉遥(HKT48)が「ステレオで出してるみたいな声」、東李苑(SKE48)が「『ミュージックステーションのリハーサルで、目の前で歌っていて鳥肌が立った』」と評した家入レオが選ばれた。そして、同率4位には岡田奈々(AKB48)が「ハモってる部分で鳥肌が立つ」と語ったゆずと、高橋朱里(AKB48)が「発声練習もすごいし、生歌もしびれた」というMay J.の2組がランクインした。

      

「AKB48が選ぶ“歌ウマ”アーティストの顔ぶれとは? 指原「同じ番組収録で聴くと、改めて痺れる」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版