>  >  > ゲス乙女・川谷、作曲の裏側明かす

ゲスの極み乙女。川谷絵音が曲作りの裏側明かす「モードに入ると、他を全部飛ばして曲作っちゃう」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 50分押しで始まったリハーサルは予定時間を大幅に延長して終了。「途中で曲作りに入っちゃって、今一時間くらいで一曲出来ちゃった」と川谷。「結構ヤバい曲出来ちゃった」とメンバー達もみんな笑顔だ。この日は『LIVE MONSTER』のリハーサルだったが、川谷は頭が曲作りモードに入ると「他のリハとか全部飛ばして、曲作っちゃう」という。その場で曲の大筋が完成し、後は各自がブラッシュアップするという。そうしたスタイルで曲作りをする彼らに対し、中村が「メンバーも大変だね。ジャンルが多岐に渡ってるじゃない? ソウルフュージョンみたいなのもあれば、ラテンっぽいのもあれば、ロックっぽいのもあれば……」と訊くと「(メンバーは)全部ちゃんとやってくれます」と言う川谷。「メンバーに感謝しなくちゃね」と中村が語ると、「ありがとうございます」と川谷もはにかんだ。

 再び番組は密着VTRへ。リハーサルの後に川谷はもう一つのバンド、indigo la Endのライブのため岡山へ移動。残されたメンバーが音楽誌の取材後に渋谷を歩いていると、駅前の大型ビジョンに「猟奇的なキスを私にして」のPVが流れる現場に遭遇。それを見てほな・いこかも「あれ、私です!」と笑う。仕事後の食事会では、お酒が進んできたところで最終目標を訊かれた休日課長が「結婚です」と答え、「そういう個人的なのやめてもらっていいですか」とほな・いこかに突っ込まれる一幕も。その後も「今の目標は?」と訊かれ「天下統一」と答えた休日課長だったが、「彼女でしょ!」とほな・いこかに突っ込まれ、ほろ酔いの休日課長はすっかりご機嫌な様子。スタジオで中村になんで結婚したいのかを問われ、寂しがりやで子供が好きだからと答えた休日課長。「昭和な答えだなあー」と中村は爆笑していた。

 その後はスタジオライブで「猟奇的なキスを私にして」と新曲「デジタルモグラ」を披露。エンディングではバンドの夢として、バンドの名前が変わっていても「朝の番組にゲスの極み乙女。が出ても、おばあちゃんとかに『ああゲス出てる〜』って言われるようになりたい」と語った川谷。同曲の初披露を受け、13日よりiTunesにて「デジタルモグラ」の先行配信も緊急決定した。バンドのこれからの活動にますますの注目が集まる。

(文=椎名ゆい)

■配信情報
「デジタルモグラ」先行配信
10月13日(日)0:00スタート
https://itunes.apple.com/jp/album/id918328601?at=10l6Y8

      

「ゲスの極み乙女。川谷絵音が曲作りの裏側明かす「モードに入ると、他を全部飛ばして曲作っちゃう」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版