>  >  > 乃木坂46、高山が“心霊写真風”作品披露

乃木坂46、高山一実が渾身の“心霊写真風”作品を披露 バナナマン設楽も思わず感心

関連タグ
乃木坂46
JPOP
アイドル
乃木坂って、どこ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京)の10月13日分にて、乃木坂46のメンバーによる「何度も青空撮って来〜い!」企画が放送された。

 同企画は、10thシングル『何度目の青空か?』の発売にちなみ、選抜メンバーを3チームに分け、「◯◯と青空と私」というテーマで写真対決をするというもの。一番素敵な写真を撮ってきたチームには番組からプレゼントが贈られた。

 まずはスタジオでチーム分け。秋元真夏、衛藤美彩、桜井玲香、白石麻衣、若月佑美の3人による「髪長いチーム」と、生駒里奈、斎藤ちはる、高山一実、西野七瀬、深川麻衣の「腹にいちもつチーム」、生田絵梨花、橋本奈々未、星野みなみ、堀未央奈、松村沙友理の「ぐちゃぐちゃチーム」の3チームに選抜された。

 「腹にいちもつチーム」はDiver City Tokyoで、番組から与えられた「陽気な人・超ラブラブな人・天使・変顔・青春・トラ・お茶目な外国人・スター・恐怖・最高に幸せな人」というテーマを撮影しようとするものの、天気は生憎の雨模様。そんななか、まずはガンダムを「スター」と決め、そばに来ていた「お茶目な外国人」との連続撮影に成功する。続けて、高山が英語で子連れの外国人に話しかけ、子供を「天使」に見立てて撮影に成功。その他、次々と写真を撮った5人は、代表作として高山を『リング』シリーズの貞子に変装させ“心霊写真風”にした「恐怖と青空と私」をスタジオで披露。高山が前髪を下ろし、全員分の合羽を被せた役作りをしたことを明かし、「なかなか良いんじゃないんですか」と、MCの設楽統を感心させた。

 「ぐちゃぐちゃチーム」は、スカイツリーの近くで青空のもと撮影を開始。大学でカメラの授業を選択していたという橋本は「構図には自身がある」と撮影係を買って出た。「陽気な人・超ラブラブな人・癒し・変顔・青春・奇跡・お茶目な外国人・有名人・恐怖・いい味出してる人」というテーマが与えられた同チームは、松村が持ち前のフレンドリーさで妙齢の「陽気な」女性を捕まえ、東京スカイツリーのポーズで写真を撮影。これを代表作として提出した。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版