>  >  > AKB48たかみな「私は名言メーカー」

AKB48高橋みなみ、“言葉を扱う能力”に自信満々「私は名言メーカー」

関連タグ
AKB48
AKBINGO!
JPOP
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『AKBINGO!』の10月1日放送分では、AKB48のメンバーが一般視聴者と対決する企画「センターどぼん(後編)」が行われた。

 同企画は、芸能人にとって一番大事なことは「トップになって記録を残すか、ビリになって見せ場を残すか」ということで、メンバー4人と一般人1人を加えた5人で様々なお題に挑戦し、3位になったメンバーが「普通」の烙印を押され、ドボンになるというもの。

 1つ目のお題「5m走対決」には、西野未姫、大和田南那、込山榛香、中西智代梨と、一般人枠で62歳の女性が挑戦。勝負は、大和田、西野、込山がほぼ同時にゴールするが、判定の結果、大和田が1位、込山が2位、西野が3位に。また、中西はカメラ目線でゆっくりとゴールし“記憶に残る”4位となった。その後、一般女性は最下位に。3位になってしまった西野は、罰として必勝鉢巻きと手袋という奇妙な格好をさせられた。

 2つ目のお題「前座体前屈対決」には、小笠原茉由、岡田奈々、大島涼花、島崎遥香と、一般女性が挑戦。小笠原はこの競技に「(AKB48に)入ってから毎日ストレッチしてる」と自信を覗かせると、島崎が「自信ないです。バレーボールやってたんですけど、才能なくて辞めました」とネガティブな発言をし、スタジオを爆笑させた。その後、対決では小笠原が圧勝、続いて岡田が2位、一般女性が4位、自身の無かった島崎が最下位という結果に。3位の大島は罰としてカラーサングラスとストールという微妙な服装にされた。

 3つ目のお題「ロングワード対決」には、高橋みなみ、小嶋真子、横山由依、北原里英と一般女性が挑戦。指定した1文字からできるだけ長い言葉を考えるというこの競技に対し、作詞なども手掛ける北原が「みんなより沢山言葉を知ってる」と胸を張ると、高橋は「私は名言メーカーですよ」と対抗意識を燃やした。その後、勝負では「あ」という文字が指定され、「あしたはあしたのかぜがふく(明日は明日の風が吹く)」と書いた北原が1位に。2位の高橋は「あみゅーずめんとぱーく(アミューズメントパーク)」と回答すると、4位には「あいうえおさくぶん(あいうえお作文)」と答えた一般女性と、「あめのどうぶつえん(雨の動物園)」と書いた小嶋が同着。「あるあるたんけんたい(あるある探検隊)」という懐かしいワードを書いた横山が3位になってしまい、“白鳥パンツ”を着用させられた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版