>  >  > スカパラ、25周年ライブにASA-CHANG登場

スカパラ、25周年記念ライブにASA-CHANG登場! 元メンバーとして21年ぶりに共演果たす

関連タグ
東京スカパラダイスオーケストラ
JAZZ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140728-sukapara.JPG

 今年デビュー25周年となる東京スカパラダイスオーケストラが、全国ツアー『25th Anniversary Hall Tour 2014 "SKA ME CRAZY"』のファイナル公演を7月26日に福島県いわき市・いわき芸術文化交流館アリオスで行った。

 定刻を少し過ぎた頃に登場したメンバーは、1曲目に初期の楽曲である「ホリデイ」を披露。その後、突如客電が落ちると「ルパン三世’78」や「スキャラバン」など、懐かしのナンバーを含んだメドレーへと突入した。

20140728-sukapara2.JPG

 最初のMCでは、谷中敦(Baritone sax)が「無我夢中でやってきた25年。ずっとお客さんをシアワセにするってこと、シアワセを共有するってことをやってきたと思います。人生っていうのは妙なもんで、ボクがバリトンサックスをはじめたのは、いわき出身のある人が“バリトンサックスが似合う”と言ってくれたおかげでした。それが26年前。そんな人を輩出してくれた、いわきに感謝。今日は想いっきり盛り上がってくれよ!」と、ツアーファイナルの地となったいわきへの感謝の想いと、熱い言葉をオーディエンスへ投げかけた。

 そして、ライブ中盤では、観客が予想だにしなかったサプライズが。会場をラジオのサテライトスタジオに見立てて茂木欣一がトークを繰り広げるコーナーでは、ステージ後方のスクリーンにあるメンバーの顔が書かれたルーレットを回し、最後に止まった顔のメンバーと茂木欣一が毎公演日替わりで語るという企画が行われた。そして、この日のルーレットが止まったのはなんと、スカパラの創始者でありバンドマスターでもあったASA-CHANGのアーティスト写真だった。会場中がどよめくなかステージ下手から登場したASA-CHANGは、21年振りにスカパラと同じステージに上がり、スカパラメンバー9名とともに横一列に並んでトークを繰り広げた。ここで谷中が「ASA-CHANGにバリトンサックスが似合いそうだと言われてバリトンを買ってスカパラに入った」と、ライブ冒頭に話した“ある人”がASA-CHANGだったことを明かした。その後もASA-CHANGについてのトークが繰り広げられ、スカパラの創始者であること、もともと小泉今日子のヘアメイクを担当していたこと、スカパラのロゴを作ったことなど、思い出話に花を咲かせた。

 その後、茂木が「ASA-CHANG、演りましょうよ!」と語り、これに対しASA-CHANGが「21年振りかぁ。あぁ、緊張する」と返したあと、「東京スカパラダイスオーケストラ、オリジナルのリズム、スカとマンボでスカンボ~」という掛け声を合図にアルバム『東京スカパラダイスオーケストラ』より「スカンボ」を披露した。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版