>  >  > キスマイ藤ヶ谷をSMAP稲垣が絶賛

キスマイ藤ヶ谷の癒しテクにSMAP稲垣が感嘆「こういう仕事をするべくして産まれたね」

関連タグ
アイドル
キスマイBUSAIKU!?
ジャニーズ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140425-kismyft.jpg

体当たり企画でブレイク中のKis-My-Ft2。

 Kis-My-Ft2の冠番組『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ)の7月24日放送回に、SMAPの稲垣吾郎がゲスト出演。メンバーがそれぞれ「徹夜仕事から帰宅した彼女の癒し方」という設定の小芝居を披露した。

 同番組は、Kis-My-Ft2のメンバーが“自分のカッコ良さが最も出る瞬間”をテーマに、各メンバーが本気で“かっこいい”と思うシーンを考え、自らが主演した映像を制作。そのセルフプロデュースした映像を、キスマイのことをよく知らない女性100人に審査してもらい、1位(=チョーカッコイイ)から7位(=BUSAIKU)まで順位付けされるという、ジャニーズらしからぬ体当たりな企画が売りだ。

 まず最初に映像が発表されたのは、第3位にランクインした千賀健永。千賀は相手役のマイコを玄関先まで迎えにいき、ちゃんと労いの言葉をかけた後、しっかり彼女の話を聞く。その後、眼精疲労に効果があるというヘッドマッサージを施し、一般女性からは「優しさが溢れている」といった声が寄せられた。第2位は玉森裕太。玉森は彼女を膝枕に寝かせ、ホットタオルを目の上に乗せて労った。その後、寝てしまった彼女をいわゆる“お姫様抱っこ”でベッドへと連れていき、テロップには「今日はいい夢みれるぞ」などといった声が並んだ。

 第4位からは、宮田俊哉、横尾渉、二階堂高嗣、北山宏光が順にランクイン。宮田は寝る前だというのにマイコにコーヒーを飲ませ、横尾は無駄に凝ったハーブティーで自己満足の世界へ。二階堂は半端な知識でフェイスマッサージにチャレンジ、北山にいたっては風呂にろうそくをたくさん並べて「アロマバス」と称し、一般女性から「片付けるのが大変」「普通にお風呂に入りたい」などと酷評された。

 見事1位となったのは、藤ヶ谷太輔。藤ヶ谷はマイコを明るく「おかえり!」と迎え、そのまましっかりハグ。「よく頑張ったね」と褒めて、手作りのフレッシュドリンクを振る舞う。ピンクグレープフルーツやオレンジを混ぜて作ったというジュースに、一般女性からは「柑橘系は女子の大好物」「これで癒せない疲れはない」「理想の癒し系彼氏」といった声が寄せられた。スタジオの稲垣も「(藤ヶ谷は)こういう仕事をするべくして産まれたね」と、ジャニーズタレントとしての才能を評した。

 キスマイが体当たりの企画に挑戦することにより、女性ファンが萌えるだけではなく、男性にとっても学びの多い内容となっている同番組。7月26日に放送予定の『27時間テレビ』では「スマップBUSAIKU!?」というスペシャル企画で、SMAPのメンバーとのコラボレーションも決定している。また、次回の放送では「カラオケの感想中に素敵な告白」がテーマとなる予定だ。

(文=向原康太)

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版